1. HOME > 構造計算の基礎 > 単一引張材とは?1分でわかる意味、読み方、応力、歪、圧縮材との違い
スポンサーリンク

単一引張材とは?1分でわかる意味、読み方、応力、歪、圧縮材との違い

単一引張材(たんいつひっぱりざい)とは、引張力が作用する単一の部材です。鋼材は引張力に強いので、細い部材でも単一の部材として使います(圧縮材は組立とする考え方もある)。今回は単一引張材の意味、読み方、応力、歪、圧縮材との違いについて説明します。単一圧縮材の意味は、下記が参考になります。

単一引張材、組立圧縮材との違い、座屈との関係

単一引張材とは?

単一引張材とは、引張力が作用する単一の部材です。鋼材は引張力に強く、かなり細くても単一の部材を使います。例えば、棒鋼のように直径が16〜20mm程度でも、ブレースとして力を負担できます。棒鋼、ブレースの意味は、下記が参考になります。

棒鋼とは?1分でわかる意味、読み方、サイズ、重量、用途

ブレース構造とは何か?


単一引張材となる構造部材には、下記があります。


ブレース

トラス部材

吊り材


ブレースは、下図のようにタスキ掛けにすることが多いです。タスキ掛けにすれば、ブレースには引張力しか作用しないからです。

単一引張材とブレース

トラス構造は節点をピン接合部とします。部材には圧縮力または引張力が作用します。引張力が作用する部材は単一引張材です。トラス構造の特徴は、下記が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

単一引張材の読み方

単一引張材の読み方は、「たんいつひっぱりざい」です。関係用語の読み方は下記です。


単一圧縮材 ⇒ たんいつあっしゅくざい

単一引張材の応力と歪

単一引張材は、断面に引張応力が生じています。引張応力は下式で計算します。


σ=P/A


σは引張応力(引張応力度)、Pは引張力、Aは部材の断面積です。単一引張材の歪は、下式で計算します。


ε=ΔL/L


εは歪、ΔLは単一引張材の伸び、Lは単一引張材の元の長さです。


応力、ひずみの計算方法は、下記の記事も参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

単一引張材と単一圧縮材の違い

単一引張材と単一圧縮材の違いを下記に示します。


単一引張材 ⇒ 引張力が作用する単一の部材

単一圧縮材 ⇒ 圧縮力が作用する単一の部材


単一圧縮材の意味は、下記が参考になります。

単一引張材、組立圧縮材との違い、座屈との関係

まとめ

今回は単一引張材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。単一引張材は、引張力が作用する単一の部材です。ブレース材や、トラス構造の部材に該当します。単一引張材に作用する応力、ひずみの計算は簡単です。必ず理解しましょうね。下記が参考になります。

引張応力とは?1分でわかる意味、公式と求め方、記号、引張応力度

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 単一引張材とは?1分でわかる意味、読み方、応力、歪、圧縮材との違い