1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係
スポンサーリンク

風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係

風速は秒速で表します。例えば風速17m/sのように書きます。一方、身近な速度の単位は「時速」ですよね。風速の秒速を時速に変換するには、3.6倍すれば良いです。例えば風速10m/sを時速に直すと風速36km/hです。今回は風速と時速の関係、意味、風速の強さの目安、秒速と分速との関係について説明します。風速と台風の関係は下記が参考になります。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速と時速の関係は?

風速は秒速(m/s)で表します。テレビで台風の風速を報道するとき、風速20m/sと聞いたことがあると思います。一方、私たちに身近な速度が「時速」ですね。車の速度に使います。風速(秒速)と時速の関係を下記に示します。


時速(km/h)=3.6×風速(m/s)


です。風速10m/sを時速に直すと36km/hです。10m/sと聞くと、あまり早くなさそうですが原付並みに早い風です。


上記の換算方法は簡単です。風速(m/s)は1秒当たりに1m動く風です。これを時速に直すためには、秒⇒時間、m⇒kmに変換すれば良いです。それぞれ、下記のように変換できます。


1秒 ⇒ 1/60分 ⇒ 1/3600時間

1m ⇒ 1/1000 km


よって、


1m/s=1/1000÷(1/3600)km/h=3.6km/h


です。風速と台風の関係は、下記が参考になります。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速と時速、強さの目安

台風の大きさは風速(秒速)で表します。下記に、台風の風速を時速に変換した値を示します。


台風以下の風  36〜54km/h(10.0 m/s〜15.0 m/s)  樋が揺れ始めるレベル

台風    61〜119km/h(17.0 m/s〜33.0 m/s)  高速運転中では横風に流されるレベル

強い台風  119〜158km/h(33.0 m/s〜44.0 m/s)  通常の速度で運転するのが困難なレベル

非常に強い台風 158〜194km/h(43.7 m/s〜54.0 m/s)  走行中のトラックが横転するレベル

猛烈な台風   194km/h〜(54.0m/s〜)      上記以上のレベル


上記の通り、時速にすると相当早いスピードだと理解頂けると思います。建築物に作用する風圧力は、建築基準法で定められる値を用います。詳細は下記をご覧ください。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速と時速、秒速と分速の関係

風速(秒速)を時速、分速に変換します。下記に示しました。


時速(km/h)=3.6×風速(m/s)

分速(m/h)=600×風速(m/s)

分速(km/h)=0.6×風速(m/s)

まとめ

今回は、風速と時速の関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。風速は秒速(m/s)で表します。一方で、私たちは時速の単位が身近ですね。時速=3.6×風速です。10m/sを時速に直すには3.6倍すれば良いので簡単ですね。下記も併せて勉強しましょう。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速の単位は?1分でわかる単位、読み方、風速の目安、ノット、m/s

風速をkm/hで表した数値は?1分でわかる風速の強さ、km/hの計算、目安と単位


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

2級建築士計算問題解説集

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係