1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速の単位は?1分でわかる単位、読み方、風速の目安、ノット、m/s

風速の単位は?1分でわかる単位、読み方、風速の目安、ノット、m/s

風速の単位は、m/sです。これは1秒間に1m進む速さです。風速が34 m/sでは、1秒間に34m進む速さです。今回は、風速の単位、単位の読み方、目安、ノットとm/sの違い、関係について説明します。今回の記事は、風圧力と台風の関係を理解するとスムーズに読めます。下記の記事が参考になりますよ。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

風速の単位は?

風速の単位は、m/sです。これは1秒間に1m進む早です。一般の方は、速度の単位を「km/h」でイメージされると思います。まずは、m/sの単位に慣れてください。m/sとkm/hの関係は下記です。


気象庁によれば、台風は風速17.0 m/s以上をいいます。これを時速に直すと、

です(m/s の値を3.6倍すれば良いですね)。台風とは、自動車の速度に匹敵します。


さて、建築物に作用する風圧力は、風速の大きさに比例します。風速が大きいほど、風圧力も大きいです。※風圧力の計算は下記の記事が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係


建築物に作用する風圧力の「風速」を、基準風速といいます。基準風速は、高さ10mにおける10分間平均風速です。詳細は下記の記事が参考になります。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について


一般的な地域では、34 m/sや32 m/sの値を使います。

風速の単位の読み方

風速の単位の読み方は下記です。


・m/s ⇒ めーたーぱーせかんど、めーとるまいびょう

・kt ⇒ のっと


m/sは、日本語読み、英語読みのどちらでも良いです。

風速の目安

風速の大きさと目安の1部を下記に示します。


前述したように、台風は風速17.0 m/s以上の風です。これは、高速運転中で、横風に流されるレベルです。車を運転するのが危険なので、台風が近づくと高速道路を封鎖しますよね。時速でいうと、

です。車が流されるのも頷ける速さです。

ノットとm/sの違い、関係

ノットとm/sの違いを下記に示しました。


ノット ⇒1時間に1.852km進む速さ(1.852km=1海里)。アメリカで使う風速の単位で、アメリカ独自の単位。アメリカで使う風速のSI単位系はkm/hです。

m/s  ⇒1秒間に1m進む速さ。日本で使う風速の単位で、SI単位系です。


また、ノットとm/sの関係は下記です。

まとめ

今回は風速の単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。日本で使う風速の単位は、m/sです。建築物に作用する風圧力の単位にも使います。一般的に、速度の単位は、km/hが馴染み深いと思うので、まずは、m/sの単位に慣れてくださいね。日本は台風が多い国です。台風と風速の関係も、併せて参考にしてくださいね。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速の単位は?1分でわかる単位、読み方、風速の目安、ノット、m/s