建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風力係数とは?1分でわかる意味、計算例、cf、吹き上げ、風上、風下、独立上屋

風力係数とは?1分でわかる意味、計算例、cf、吹き上げ、風上、風下、独立上屋

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


風力係数(ふうりょくけいすう)とは、建物の形状や作用する箇所によって異なる係数です。速度圧に風力係数をかけた値が風圧力です。風力係数cfは、外圧係数から内圧係数を引いて求めます。今回は風力係数の意味、計算例、cf、吹き上げ、風上、風下、独立上屋との関係について説明します。風圧力、風荷重の意味は下記が参考になります。

風圧力とは?1分でわかる意味と計算、速度圧と風力係数、受圧面積との関係、風荷重との違い

風荷重とは?1分でわかる意味、読み方、公式、見付面積との関係、フェンスの風荷重

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

風力係数とは?

風力係数(ふうりょくけいすう)とは、建物の形状や作用する箇所によって異なる係数です。下式で計算します。


Cf=Cpe-Cpi


Cfが風力係数、Cpeが外圧係数、Cpiが内圧係数といいます。外圧係数、内圧係数の意味は下記が参考になります。

外圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、読み方、内圧係数との違い、風荷重との関係

内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い


CpeやCpiの値は、建物の形状や部位、風向きにより細かく分かれています。例えば、片流れ屋根の建物の壁面に風が作用します。風上側の壁のCpe=0.8です。Cpi=-0.2より


Cf=Cpe-Cpi=0.8-(-0.2)=1.0


です。


風力係数1


一方、同じ屋根形状でも、下図のように風下側の壁になると風力係数は変わります。風下壁面のCpe=-0.4、Cpi=0とすれば


Cf=Cpe-Cpi=-0.4-0=-0.4


です。壁面に作用する外圧係数の一部を下記に示します。


風上壁面 ⇒ 0.8 kz

側壁面 ⇒ -0.7、-0.4 kz

風上屋根面 ⇒ -1.0~0.8 kz

風下屋根面 ⇒ 0.5 kz

風下壁面 ⇒ 0.4 kz


内圧係数は、建物の閉鎖型、開放型により値が変わります。閉鎖型の場合、内圧係数は0または-0.2です。一方、開放型の場合は下記です。


風上開放 ⇒ 0.6

風下開放 ⇒ -0.4


下記も参考になります。

外圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、読み方、内圧係数との違い、風荷重との関係

内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い

風力係数の計算例、cfの意味

Cfは風力係数の記号です。下図の風力係数Cfを求めましょう。ただし、風下が開放した建物です。


風力係数2


壁面は風上側にあります。よって外圧係数Cpe=0.8です。内圧係数は、開放型と閉鎖型で値が違うので注意してください。上図は、風下が開放していますね。よってCpi=-0.4です。風力係数は、


Cf=Cpe-Cpi=0.8-(-0.4)=1.2


です。閉鎖型と開放型で、係数が変わる点に注意しましょう。詳細は建築物の構造関係技術基準解説書などに明記あります。

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉

風力係数と吹き上げ、風上、風下の関係

風圧力は屋根にも作用します。屋根を、上側に押し出す働きの風圧力を「吹き上げ」といいます。箱型の建物(一般的な建物)よりも、独立上屋の方が問題になることが多いです。※独立上屋については、後述します。


風力係数を計算するとき、風上と風下が混乱すると思います。下図をみてください。


風力係数3


上図でいうと、矢印のある壁側が「風上」で、それと反対の壁側が「風下」です。

風力係数と独立上屋の関係

下図のように、屋根を支える柱・梁と屋根だけが独立する構造物を「独立上屋」といいます。独立上屋に作用する風圧力の風力係数は、CpeやCpiの算定が不要です。形状や角度に従い、Cfを選びます。


また、フェンスのような網状の構造物は、風力係数Cf=1.4、円筒状の構造物の風力係数Cf=0.9または0.7のように規定されます。その他、ラチス構造物も形状などに応じてCfを選びます。詳細は下記の書籍か、告示1454号を参考にしてください。

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉

まとめ

今回は風力係数について説明しました。意味、求め方など理解頂けたと思います。風力係数は、建物の形状や部位で変わる係数です。建物の開放型、閉鎖型、風上、風下の違いで、外圧係数や内圧係数が変わります。係数の詳細な値は、書籍や告示1454号を確認しましょうね。下記も勉強になります。

風圧力とは?1分でわかる意味と計算、速度圧と風力係数、受圧面積との関係、風荷重との違い

外圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、読み方、内圧係数との違い、風荷重との関係

内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【こんな自己診断やってみませんか?】

【無料の自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風力係数とは?1分でわかる意味、計算例、cf、吹き上げ、風上、風下、独立上屋
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事