1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速をkm/hで表した数値は?1分でわかる風速の強さ、km/hの計算、目安と単位
スポンサーリンク

風速をkm/hで表した数値は?1分でわかる風速の強さ、km/hの計算、目安と単位

風速をkm/hで表すにはm/sに3.6倍すれば良いです。例えば台風クラスの風速は60km/hです。ただし、一般的には風速は秒速(m/s)で表すことが多いです。秒速の単位も理解しましょう。今回は、風速をkm/hで表した数値と風速の強さ、km/hの計算、風速の目安と単について説明します。風速と時速の関係、台風と風速の関係は下記が参考になります。

風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速をkm/hで表した数値は?風速の強さ目安

風速(m/s)をkm/hで表すには、秒速を3.6倍すれば良いです。風速をkm/hで表した数値を下記に示します。また風速の強さの目安も併記したので確認しましょうね。


台風以下の風  36〜54km/h(10.0 m/s〜15.0 m/s)  樋が揺れ始めるレベル

台風    61〜119km/h(17.0 m/s〜33.0 m/s)  高速運転中では横風に流されるレベル

強い台風  119〜158km/h(33.0 m/s〜44.0 m/s)  通常の速度で運転するのが困難なレベル

非常に強い台風 158〜194km/h(43.7 m/s〜54.0 m/s)  走行中のトラックが横転するレベル

猛烈な台風   194km/h〜(54.0m/s〜)      上記以上のレベル


台風でトラックが横転する事故が起きますが、あの台風の風速は158〜194km/hです。凄まじい時速だと思いませんか。


なお、日本で発生した台風では「伊勢湾台風」が最大級の被害を起こしました。このとき最大風速は75m/sです。上記の「猛烈な台風」で、270km/hもの速度です。


風速がm/sだと、その大きさがイメージしづらいですが、km/hで表すとよく分かると思います。台風による風速は凄まじい速度です。テレビだと風速はm/sなので、その約4倍がkm/hの値だと思えばよいでしょう。


台風と風速の関係など、下記も参考になります。

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について

風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係

風速とkm/h、m/sの計算と単位

風速の単位はm/sが一般的です。km/hへの換算(計算)方法を下記に示します。


1秒 ⇒ 1/60分 ⇒ 1/3600時間

1m ⇒ 1/1000 km

1m/s=1/1000÷(1/3600)km/h=3.6km/h


上記のように、順をおってm⇒km、s⇒hに変換しましょう。つまり、


時速(km/h)=3.6×風速(m/s)


で計算します。

まとめ

今回は風速をkm/hで表した数値について説明しました。数値が理解頂けたと思います。思っている以上に凄まじい速度だったと思います。テレビなどでは風速はm/sで表します。いまいちイメージがつかめない人が多いと思いますが、時速にすると高速道路で走る車のスピード以上です。風速と時速、台風の関係など、下記も勉強しましょうね。

風速と時速の関係は?1分でわかる意味、強さの目安、秒速と分速の関係

基準風速とは何か?基準風速と台風の関係について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

2級建築士計算問題解説集

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風速をkm/hで表した数値は?1分でわかる風速の強さ、km/hの計算、目安と単位