1. HOME > 構造計算の基礎 > 荷重指針とは?1分でわかる意味、固定荷重、積載荷重、風荷重

荷重指針とは?1分でわかる意味、固定荷重、積載荷重、風荷重

荷重指針とは、建築物に作用する荷重を示した書籍です。日本建築学会により執筆された本です。正式には、建築物荷重指針といいます。建築物には、固定荷重、積載荷重、風荷重など、色々な荷重が作用します。その荷重の設定方法、一般的に用いる荷重の値が明記されています。今回は、荷重指針の意味、固定荷重、積載荷重、風荷重との関係について説明します。

建築物荷重指針・同解説〈2015〉

荷重指針とは?

荷重指針とは、建築物に作用する荷重を示した書籍です。建築物の構造計算は、荷重の設定から始まります。仮定した荷重(仮定荷重)の設定が間違えていれば、どんなに精密な計算モデルをつくっても意味がありません。


固定荷重だけでも、


・壁

・床

・屋根


の部分があり、仕上げに応じて値が変わります。建築物には色々な仕上げがあるので、どの種類が「どの程度の値か」概算的に覚えると良いでしょう。下記の書籍が参考になります。

建築物荷重指針・同解説〈2015〉

荷重指針の目次

荷重指針の目次を下記に整理しました。


・総則

・荷重の種類と組合せ

・固定荷重

・積載荷重

・雪荷重

・風荷重

・地震荷重

・温度荷重

・土圧および水圧

・津波荷重

・衝撃荷重

・その他の荷重


特に、固定荷重、積載荷重、雪荷重、風荷重、地震荷重の章は、一度は目を通したいですね。ただ、荷重指針に書いてある荷重の設定法とは別に、建築物の構造関係技術基準解説書に積雪荷重、風圧荷重、地震荷重の決め方が明記あります。下記の書籍をご確認ください。

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉

当HPでは、下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

積雪荷重とは?1分で分かる計算方法と地域による違い

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

荷重指針の最新版

荷重指針の最新版は2015年版です。

荷重指針と固定荷重、積載荷重の関係

荷重指針には、固定荷重や積載荷重の一般的な値が書いてあります。特に固定荷重は、色々な仕上げの平米重量が書いてあるので、とても参考になります。


積載荷重は荷重指針以外の規準を参考にすることも多いので、他の資料も読む必要があります。

荷重指針と風荷重の関係

荷重指針には、風荷重の設定法が明記あります。ただ、風荷重の設定は、建築物の構造関係技術基準解説書が分かりやすいです。※風荷重の意味は、下記の記事が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

まとめ

今回は荷重指針について説明しました。意味が理解頂けたと思います。荷重指針は、建築物に作用する荷重の設定法、荷重の値が明記された書籍です。日本建築学会が執筆した本なので、権威性があります。構造計算をするとき、まず固定荷重、積載荷重を設定します。その設定をする上で、とても役に立つ本です。是非参考にしてくださいね。

建築物荷重指針・同解説〈2015〉

また、当HPでも固定荷重、積載荷重の説明をしています。下記の記事が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 荷重指針とは?1分でわかる意味、固定荷重、積載荷重、風荷重