1. HOME > 構造計算の基礎 > 内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い

内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い

内圧係数とは、建物に風圧力が作用するとき、部屋の内側から建物を押す、引く力の割合のことです。外圧係数から内圧係数を引いた値を風力係数といいます。風力係数が大きいほど、風圧力が大きいです。今回は内圧係数の意味、求め方、建物の閉鎖型との関係、外圧係数との違いについて説明します。風力係数の意味、風圧力の求め方は、下記の記事が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

内圧係数とは?

内圧係数とは、建物の内側から押す(引く)力の割合のことです。下図を見てください。これが内圧係数の方向です。

内圧係数の方向

風圧力の大きさは、内圧係数と外圧係数に影響します。外圧係数から内圧係数を引いた値を、風力係数といいます。風力係数が大きいほど、風圧力も大きくなります。※風力係数は下記の記事が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係


内圧係数と外圧係数は、風向きや建物形状、部位に応じて、方向や大きさが変わります。下図を見てください。外圧係数の値が1.0で、内圧係数の値が0.2です。外圧係数と内圧係数は、互いに打ち消しあう方向に作用します。外圧係数が大きいので、風圧力としては外から建物を押す力が作用します。

内圧係数と外圧係数の関係

内圧係数の求め方

内圧係数は、平成12年建設告示1454号に規定されます。閉鎖型、開放型の内圧係数を下図に示します。

閉鎖型の内圧係数

矢印が内圧係数の方向を示します。壁に向かう矢印は、押す力です。逆に、壁から離れる矢印は、引く力です。内圧係数の値が同じでも、方向が違えば風力係数の値が変わります。


また、開放型の内圧係数は「風上」「風下」の違いに注意してください。一般の建物は閉鎖型がほとんどです。庇構造物など、建築物の用途や形状に応じて設定しましょう。

内圧係数と閉鎖型、開放型の関係

内圧係数は、建物の閉鎖型、開放型により値が変わります。閉鎖型の場合、内圧係数は0または−0.2です。一方、開放型の場合は下記です。


風上開放 ⇒ 0.6

風下開放 ⇒ −0.4


開放型のほうが、内圧係数が大きくなります。外圧係数と同じ方向に作用する場合、風力係数が大きくなるので注意しましょう。

内圧係数と外圧係数の違い

内圧係数と外圧係数の違いを下記に整理しました。


内圧係数 ⇒ 建物の内側から押す、引く力の割合

外圧係数 ⇒ 建物の外側から押す、引く力の割合


内圧と外圧の違いを理解しましょう。内圧は、建物の「内側」から作用します。

まとめ

今回は内圧係数について説明しました。意味が理解頂けたと思います。内圧係数は、建物の内側から押す、引く力の割合です。外圧係数から内圧係数を引いた値を、風力係数といいます。風力係数は、風圧力の大きさと関係します。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 内圧係数とは?1分でわかる意味、求め方、閉鎖型、外圧係数との違い