1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造とは?1分でわかる意味、建築との関係、構成、形状との違い

構造とは?1分でわかる意味、建築との関係、構成、形状との違い

構造とは、全体を成り立たせるための仕組みのことです。英語でstructureといいます。また、建築物の構造は、「建築構造」です。建築物を成り立たせるための仕組みと考えてください。今回は、構造の意味、建築との関係、構成、形状との違いについて説明します。建築構造については下記の記事が参考になります。

建築構造とは?1分でわかる意味、必要な資格、種類、おすすめの教科書


また、建築物の構造は、「構造力学」を使って力の伝達など確認します。構造力学については下記の記事が参考になります。

構造力学の基礎

構造とは?

構造とは、全体を成り立たせるための仕組みです。英語ではstructureです。建築、土木、機械などで「構造」という用語を使います。ポイントは、「仕組み」という言葉で、建設以外の業界でも使います。


例えばIT用語に「データ構造」があります。データ構造は、データの集まりを所定の形式で格納したものです。つまり、データを格納する「仕組み」ですね。


また、建設物の構造に関する力学を「構造力学」といいます。構造力学は下記の記事が参考になります。

構造力学の基礎


構造物を成り立たせるためには、力学が必要です。建築学科、土木学科の学生が必ず勉強する分野ですね。

建築と構造の関係

建築物の構造を、建築構造といいます。建築構造の詳細な意味は、下記の記事が参考になります。

建築構造とは?1分でわかる意味、必要な資格、種類、おすすめの教科書


建築構造とは、建築物を成り立たせるための仕組みですが、


・構造材料

・構造形式


などが関係し、一言でいえないほど複雑です。構造材料については、下記の記事が参考になります。

構造材料について

建築構造とは?1分でわかる意味、必要な資格、種類、おすすめの教科書

構造、構成、形状の違い

構造、構成、形状の違いを下記に整理しました。


・構造 ⇒ 全体を成り立たせるための仕組み

・構成 ⇒ 部分を組み立てること

・形状 ⇒ 物の外観や形。


なお、構造は英語でstructure、構成はconstructionです。Constructionは建設という意味もありますね。形状は、単に外観や形を意味します。一方、構造は、全体を成り立たせるための「仕組み」です。構造の本質は「形」ではなく、「仕組み(システム)」です。

まとめ

今回は構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造とは、全体を成り立たせるための仕組みです。建築に限らず、色々な業界で使う用語です。また、建築物の構造を「建築構造」といいます。建築構造には、構造材料、構造形式だけでなく、色々な意味が含まれています。詳細は下記の記事が参考になります。

建築構造とは?1分でわかる意味、必要な資格、種類、おすすめの教科書

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造とは?1分でわかる意味、建築との関係、構成、形状との違い