1. HOME > 構造計算の基礎 > 管柱とは?1分でわかる意味、通し柱、間柱との違い、特徴

管柱とは?1分でわかる意味、通し柱、間柱との違い、特徴

管柱とは、1階と2階にそれぞれ入っている柱です。通し柱は、1階と2階にわたって1本の柱ですが、管柱は各階に1本ずつ柱があります。今回は管柱の意味、通し柱、間柱との違い、管柱の特徴について説明します。


※通し柱の意味は、下記の記事が参考になります。

隅柱とは?1分でわかる意味、読み方、役割、通し柱との関係、出隅との違い

管柱とは?

下図を見てください。これが管柱です。1階と2階に、それぞれ柱が入っています。梁が通っているので、1階と2階で柱が分断されます。

管柱

一方、通し柱は1階と2階にわたって、1本の柱です。建築基準法では、2階建て以上の建物の隅柱は、通し柱とする必要があります。※ただし、適切な補強を行った場合、管柱でもよいです。


なお、隅柱の意味は、下記の記事が参考になります。

隅柱とは?1分でわかる意味、読み方、役割、通し柱との関係、出隅との違い


柱は、床や壁などにかかる重さを支える構造部材です。通し柱、管柱という違いがあっても、目的は同じです。柱に作用する力に「軸力」があります。軸力を適切に伝えるには、1階と2階で柱位置はできる限り同じが望ましいです。


隅柱を管柱とする場合、適切な補強を行うためにも、同位置とします。※柱と軸力の意味は、下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

軸方向力とは?1分でわかる意味、読み方、軸力との違い、求め方、圧縮

管柱の読み方

管柱は、「くだばしら」と読みます。通し柱は「とおしばしら」です。管柱を「かんばしら」と読まないよう、注意してくださいね。

管柱と通し柱との違い

管柱と通し柱の違いを下記に示します。


管柱 ⇒ 1階と2階で、それぞれ入っている柱。2階の床梁が通っているため、1階と2階で柱が分断されている。

通し柱 ⇒ 1階と2階にわたって、通っている柱。


上記の違いがありますが、構造的な目的に大きな違いは無いです。隅柱も、適切な補強を行えば管柱とできます。


※通し柱の意味は、下記の記事が参考になります。

隅柱とは?1分でわかる意味、読み方、役割、通し柱との関係、出隅との違い

管柱と間柱との違い

管柱と間柱の違いを下記に示します。


管柱 ⇒ 床や壁にかかる重さを支え、地震力などの水平方向の力に抵抗する柱。構造的に重要な柱。

間柱 ⇒ 壁の下地となる柱。地震力などには抵抗しないが、壁をはるために必要。

まとめ

今回は管柱について説明しました。意味が理解頂けたと思います。管柱は、1階と2階にそれぞれ入る柱です。2階の床梁が通るため、柱が分断されています。隅柱は通し柱としますが、構造的に適切な補強を行えば、管柱とできます。管柱と通し柱で、構造的な目的に大きな違いがないことを覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

隅柱とは?1分でわかる意味、読み方、役割、通し柱との関係、出隅との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 管柱とは?1分でわかる意味、通し柱、間柱との違い、特徴