1. HOME > 構造計算の基礎 > P柱とは?1分でわかる意味、間柱、アンカーボルト、鉄骨造との関係
スポンサーリンク

P柱とは?1分でわかる意味、間柱、アンカーボルト、鉄骨造との関係

P柱(ぴーばしら)とは間柱(まばしら)のことです。建築の設計図では間柱を「P〇(〇には番号が付く)」と付けます。P柱のPは「Post」の頭文字です。P柱は地震力を負担しない柱です(P柱は壁重量や風圧力に抵抗する)。一方、地震力や建物の床などを支える「主要な柱」をC柱といいます。今回はP柱の意味、間柱、アンカーボルト、鉄骨造との関係について説明します。間柱、柱の詳細は下記が参考になります。

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

P柱とは?

P柱とは間柱のことです。P柱のPは「Post」の頭文字をとっています。建築の設計図では「P〇(〇には数字が付く)」と書きます。下図をみてください。これがP柱の例です。

間柱の納まり

P柱は、建物に作用する地震力を負担しません。主に外壁の重さを負担し、風圧力に抵抗する部材です。一方、地震力や建物の床を支える「主要な柱」をC柱(主柱)といいます。柱、主柱の詳細は下記が参考になります。

柱とは?1分でわかる意味、読み方、梁との関係、建築との関係、種類

主柱とは?1分でわかる意味、読み方、間柱、支柱との関係、違い


下図をみてください。外壁には風圧力が作用します。主柱から主柱まで「支え無し」で外壁は風に耐えられませんし、自分の重みでたわむ恐れがあります。

間柱の納まり

そこでP柱が必要です。主柱と主柱の間にP柱を立てれば、外壁を留めることができます。その分、外壁は短くなるので風にも耐えられます。P柱は構造計算によい必要な間隔を建てます。詳細は下記をご覧ください。

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

スポンサーリンク

P柱と間柱

P柱は間柱(まばしら)のことです。鉄骨造、木造で、外壁を留めるためにP柱を設けます。間柱の間隔、必要な寸法の詳細は、下記が参考になります。

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

P柱とアンカーボルト、鉄骨造との関係

P柱は木造と鉄骨造に設けます。鉄骨造のP柱は、H形鋼や角形鋼管を用いることが多いです。納まりが簡単になるよう、P柱はH形鋼にするとよいでしょう(※状況により変わります)。

鉄骨造のP柱は、柱脚をアンカーボルトで留めます。柱脚に曲げモーメントが生じないよう両端ピンになる接合部(柱脚)とします。P柱に大きな力は作用しないので、C柱(主柱)に比べてアンカーボルト本数や径が少なくて済みます。アンカーボルトの詳細は下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

まとめ

今回はP柱について説明しました。意味が理解頂けたと思います。P柱は間柱のことです。主に、外壁を留めるために設けます。地震力を負担しない柱で、主柱(C柱)と区別します。P柱の目的、必要な寸法、間隔は下記が参考になります。

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > P柱とは?1分でわかる意味、間柱、アンカーボルト、鉄骨造との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事