1. HOME > 構造計算の基礎 > 中柱とは?1分でわかる意味、側柱、隅柱、建築物との関係

中柱とは?1分でわかる意味、側柱、隅柱、建築物との関係

中柱とは、建築物の中央付近にある柱です。似た用語に、側柱と隅柱があります。側柱は外壁面に沿った柱、隅柱は建物の四隅の柱です。今回は、中柱の意味、側柱、隅柱、建築物との関係について説明します。柱の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

中柱とは?

中柱は、建築物の中央付近にある柱です。下図をみてください。これが中柱です。

中柱

外壁面に沿った柱を側柱、建物の四隅にある柱を隅柱といいます。建物の中央付近に無い柱でも、側柱と隅柱以外であれば、「中柱」といいます。

中柱の読み方

中柱は、「なかばしら」と読みます。関連する用語の読み方を下記に示します。


中柱 ⇒ なかばしら

側柱 ⇒ がわばしら

隅柱 ⇒ すみばしら

中柱と側柱、隅柱との違い

中柱と側柱、隅柱との違いを下記に整理しました。


中柱 ⇒ 建物の中央付近にある柱。側柱と隅柱以外も中柱という。

側柱 ⇒ 外壁面に沿った位置にある柱

隅柱 ⇒ 建物の四隅にある柱


下図を見てください。中柱、側柱、隅柱の位置関係を示しました。

中柱と側柱、隅柱

中柱と側柱、建築物との関係

中柱と側柱は構造性能に違いがあります。まず、長期荷重(常に作用する荷重)に対しては、中柱は沢山の荷重を負担します。下図は、中柱と側柱の略軸組図です。

中柱と側柱の略軸組図

荷重を負担する幅(面積)が大きいほど、作用する長期荷重は大きくなります。側柱に比べて、中柱は負担する幅(面積)が大きいですよね。


一方で、地震時の軸力は側柱の方が大きく、中柱はほとんど0に近いです。下図を見てください。地震力が作用すると、柱には圧縮または引張の軸力が作用します。中柱は、「圧縮と引張の力が相殺する」ので、0に近い値となります。

中柱と地震時の軸力

柱の軸力は、下記の記事も参考になります。

柱軸力の算定


上記は軸力だけの話です。曲げモーメントでは、また様子が違います。中柱に作用する、長期荷重時の曲げモーメントは小さいです。側柱の方が大きいでしょう。しかし


地震荷重時の曲げモーメントは、側柱より中柱の方が大きいです。

まとめ

今回は中柱の意味について説明しました。意味が理解頂けたと思います。中柱は、建築物の中央付近にある柱です。側柱は外壁面に沿った位置にある柱、隅柱は四隅にある柱です。意味を理解しましょう。また、中柱と側柱の構造性能の違いも覚えてくださいね。併せて、柱の意味、特徴も参考にしてくださいね。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 中柱とは?1分でわかる意味、側柱、隅柱、建築物との関係