1. HOME > 構造計算の基礎 > 距離のlとは?1分でわかる意味、単位、長さの単位、読み方

距離のlとは?1分でわかる意味、単位、長さの単位、読み方

距離を表す記号がLです。Lは長さを表す英語のlengthの頭文字をとっています。建築では、建物や部材の長さを表す記号にLを使います。今回は距離とLの意味、単位、長さの単位と読み方について説明します。


有効長さの意味、長さの単位は下記の記事が参考になります。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

距離のlとは?

距離を表す記号がLです。Lは、長さを表す英語のLengthの頭文字をとっています。建築では、建物や部材の長さを表すとき、Lを使います。例えば柱の長さが6000mmとします。これを距離の記号で表すと、


L=6000


です。建築では、Lの記号を当たり前に使います。「L」をみたら距離のことだと覚えてくださいね。なお、距離と長さは同じ意味と考えてください。


また、Lの前に「Δ」をつけたΔLと書くことがあります。Δは微小という意味です。Δの意味は下記が参考になります。

デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係


よって、ΔLは「微小な距離」なので、「変形」を意味します。ΔLの意味は下記が参考になります。

材料の伸びとは?1分でわかる意味、定義、計算、必要性、絞りとの関係

距離の記号の読み方

距離の記号、関係する記号の読み方を下記に整理しました。


L える

ΔL でるたえる

B びー

H えいち


前述したように、Lは距離や長さを意味します。Bは幅のことです。Hは高さを意味します。heightの頭文字をとった記号です。

長さの単位の種類

建築で使う長さの単位は、mmやmだけでなく尺や寸があります。下記の記事を参考にしてください。

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

距離の単位と読み方

距離の単位と読み方を、下記に整理しました。


mm(みりめーとる)

m(めーとる)

cm(せんちめーとる)

1間(いっけん)

半間(はんけん)

1尺(いっしゃく)

1.5尺(1尺5寸)

1寸(いっすん)


各単位の意味は、下記の記事が参考になります。

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧

まとめ

今回は距離の記号について説明しました。意味が理解頂けたと思います。距離の記号はLです。微小な距離(変形量)は、ΔLで示します。建築で使う長さの単位、有効長さの意味など併せて勉強しましょう。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

建築で使う長さの単位は?1分でわかる意味、記号、単位、寸法の一覧


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 距離のlとは?1分でわかる意味、単位、長さの単位、読み方