1. HOME > 構造計算の基礎 > 中心圧縮材とは?1分でわかる意味、圧縮材、偏心圧縮、細長比との関係
スポンサーリンク

中心圧縮材とは?1分でわかる意味、圧縮材、偏心圧縮、細長比との関係

中心圧縮材とは、圧縮力が断面の図心に作用する部材です。断面の図心からずれた位置に圧縮力が作用する部材を、偏心圧縮材といいます。今回は中心圧縮材の意味、圧縮材、偏心圧縮、細長比との関係について説明します。偏心圧縮材の応力の計算方法、細長比、座屈の意味は、下記が参考になります。

偏心荷重を受ける短柱について

細長比と座屈長さ、断面二次半径の関係

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

中心圧縮材とは?

中心圧縮材とは、圧縮力が断面の図心に作用する部材です。下図をみてください。これが中心圧縮材です。

中心圧縮材

図心の意味は、下記が参考になります。

図心ってなに?図心の求め方と断面一次モーメントの関係


なお、図心と中心は違います。四角形の図心は中心ですが、三角形の図心は中心の位置に無いですね。

中心圧縮材の読み方

中心圧縮材は、「ちゅうしんあっしゅくざい」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


偏心圧縮材 ⇒ へんしんあっしゅくざい

曲げ圧縮材 ⇒ まげあっしゅくざい

中心圧縮材と圧縮材の関係

圧縮力が作用する部材を、圧縮材といいます。圧縮材には下記の種類があります。


中心圧縮材 圧縮力が断面の図心に作用する部材

偏心圧縮材 圧縮力が断面の図心から偏心した(ずれた)位置に作用する部材

曲げ圧縮材 圧縮力と同時に曲げモーメントが作用する部材


偏心圧縮の応力の計算方法は、下記が参考になります。

偏心荷重を受ける短柱について


代表的な曲げ圧縮材が、「柱」です。柱には、曲げモーメントと軸力(圧縮力)が同時に作用します。柱の特徴は、下記が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

中心圧縮材と偏心圧縮の関係

偏心圧縮材は、偏心による曲げモーメントが生じます。これを偏心モーメントといいます。偏心モーメントにより断面に生じる応力度が大きくなります。中心圧縮材に比べて、より大きな断面または鉄筋本数が必要です。偏心モーメントは、下記が参考になります。

偏心モーメントとは?1分でわかる意味、単位、計算法、基礎

中心圧縮材と細長比の関係

細長比は、座屈長さを断面二次半径で除した値です。細長比の値が小さいほど、座屈に対して抵抗できます。中心圧縮材の細長比、座屈荷重の計算方法は、下記が参考になります。

細長比と座屈長さ、断面二次半径の関係

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

まとめ

今回は中心圧縮材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。中心圧縮材は、圧縮力が断面の図心に作用する部材です。偏心圧縮、曲げ圧縮の意味も併せて勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

偏心荷重を受ける短柱について

曲げ応力とは?1分でわかる意味、公式と演習問題、単位、曲げ応力度


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 中心圧縮材とは?1分でわかる意味、圧縮材、偏心圧縮、細長比との関係