1. HOME > 構造計算の基礎 > 許容引張応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鉄筋の値、ss400の値

許容引張応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鉄筋の値、ss400の値

許容引張応力度とは、部材が許容できる引張応力度の値です。引張応力度とは、引張力が作用するときの、部材に生じる応力度です。許容引張応力度は、部材の断面算定に使います。今回は引張応力度の意味、求め方、鉄筋やss400の引張応力度について説明します。※応力度の意味は、下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

許容引張応力度とは?

許容引張応力度とは、部材が許容できる引張応力度の値です。許容引張応力度には、下記の2つがあります。


・長期許容引張応力度

・短期許容引張応力度


長期荷重時の応力度は、長期許容引張応力度と比較します。短期荷重時の応力度は、短期許容引張応力度と比較してください。なお、応力度を許容応力度で除した値を、検定比といいます。検定比は下記の記事が参考になります。

検定比とは?1分でわかる意味、求め方、部材検定比と荷重、安全率

許容引張応力度の求め方

許容引張応力度の求め方は、下記です(鋼材の場合)。


長期許容引張応力度 F/1.5

短期許容引張応力度 F


Fを、「F値(えふち)」といいます。F値を基準強度といいます。F値は、材料毎に値が違います。※F値は、建築基準法告示に規定があります。例えば、SN400BのF値は、


鋼材厚さが40mm以下 235(N/mu)

鋼材厚さが40mm超え 215(N/mu)

です。よって、許容引張応力度は下記です。


長期許容引張応力度 F/1.5=156

短期許容引張応力度 F=235


※許容引張応力度の求め方は、材料毎に違います。例えば、コンクリートはF/30(長期)、木材は1.1F/3(長期)です。詳しくは政令89条からの規定が参考になります。

鉄筋の許容引張応力度

鉄筋の許容引張応力度は下記です。ただし、異形鉄筋の許容引張応力度は、上限値があります。

SD295A

長期許容引張応力度 F/1.5=295/1.5=195(195を超える場合は195)

短期許容引張応力度 F=295


Sd295aの規格は下記の記事が参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

SD345

長期許容引張応力度 F/1.5=345/1.5=215(215を超える場合は215)

短期許容引張応力度 F=345


Sd345の規格は下記の記事が参考になります。

sd345とは?1分でわかる意味、ヤング率、許容応力度、sd295aとの違い

SD390

長期許容引張応力度 F/1.5=390/1.5=195(195を超える場合は195)

短期許容引張応力度 F=390


Sd390の規格は下記の記事が参考になります。

sd390とは?1分でわかる意味、許容応力度、鉄筋径、ヤング率

Ss400の許容引張応力度

Ss400の許容引張応力度は下記です。


長期許容引張応力度 F/1.5=235/1.5=156

短期許容引張応力度 F=235


※ss400の規格は、下記の記事が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

まとめ

今回は許容引張応力度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。許容引張応力度は、部材が許容できる引張応力度の値です。許容応力度計算では、引張応力度が許容引張応力度を超えないことを確認します。許容引張応力度の値は、基準強度を元に算定しましょう。基準強度が違えば、許容引張応力度も変わります。※下記の記事も併せて参考にしてください。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 許容引張応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鉄筋の値、ss400の値