1. HOME > 構造計算の基礎 > 面構造とは?1分でわかる意味、線構造、建築物との関係
スポンサーリンク

面構造とは?1分でわかる意味、線構造、建築物との関係

面構造(めんこうぞう)とは、板状の部材を組み合わせて構造として成立させたものです。柱や梁など、棒状の部材を組み合わせた構造を、「線構造」ともいいます。今回は面構造の意味、線構造との違い、建築物との関係について説明します。線構造には、ラーメン構造やブレース構造があります。詳細は下記が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

ブレース構造とは何か?

面構造とは?

面構造(めんこうぞう)とは、板状の部材を組み合わせて構造として成立させたものです。下図をみてください。これが面構造です。

面構造

鉄骨造や木造は、材料の性質上、板状で使うことが少ないです。柱や梁などの棒状の部材を使います。棒状の部材でつくる構造を、線構造といいます。鉄骨造や木造は、線構造が多いです(もちろん面構造もあります)。


一方、鉄筋コンクリート造は、部材を板状に造るのが簡単です。板部材として下記があります。


スラブ

耐震壁


スラブは鉄筋コンクリートの床、耐震壁は開口が無い(少ない)鉄筋コンクリートの壁です。上記を組み合わせ、板部材だけでつくる構造形式に「壁式構造」があります。梁型や柱型が見えないので、室内空間がすっきりとした印象になります。


似た構造に、壁式ラーメン構造があります。詳細は下記が参考になります。

壁式ラーメン構造とは?1分でわかる意味、見分け方、スパン、階数

面構造の読み方

面構造は「めんこうぞう」と読みます。線構造は「せんこうぞう」です。

面構造と線構造

面構造と線構造の違いを下記に示します。


面構造 ⇒ 板状の部材(板部材。例えばスラブ、耐震壁のこと)でつくる構造。壁式構造がある。

線構造 ⇒ 棒状の部材(柱、梁)でつくる構造。ラーメン構造、ブレース構造がある。


ラーメン構造、ブレース構造の意味は、下記が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

ブレース構造とは何か?

面構造による建築物

面構造で有名な建築物として、「MIKIMOTO Ginza2」があります。鋼板による面構造で、珍しい構造形式です。レンタブル比の高い居室空間にするため、建物の外壁を主要な構造体にするコンセプトがあったようです。詳細は、JSCAのHP(下記)をご覧ください。

www.jsca.or.jp/

まとめ

今回は面構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。面構造は、板状の部材でつくる構造です。逆に、柱や梁などの棒状部材でつくる構造を、線構造といいます。面構造として壁式構造があります。板部材であるスラブなどの意味も勉強しましょう。下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

壁式ラーメン構造とは?1分でわかる意味、見分け方、スパン、階数


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 面構造とは?1分でわかる意味、線構造、建築物との関係