1. HOME > 構造計算を学ぶ > 二重スラブとは?1分でわかる意味、読み方、基礎、水槽、ピット

二重スラブとは?1分でわかる意味、読み方、基礎、水槽、ピット

二重スラブとは、スラブ下にもう1つスラブがあるものです。スラブが二重になっています。今回は二重スラブの意味、読み方、基礎との関係について説明します。また、水槽や配管ピットなど二重スラブとする目的も説明します。


スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

二重スラブとは?

二重スラブは、スラブの下にもう1つスラブを設けることです。下図をみてください。これが二重スラブです。

二重スラブ

スラブを二重にすることで、スラブとスラブの間に空間が生まれます。この空間を利用して、配管ピット(配管を通す空間)、消火水槽などとします。※詳細は後述しました。


下図を見てください。二重スラブとする場合、歩行する床は構造的な「スラブ」とします。土間コンクリートにはしません。一方、土と接する部分は、「土間コンクリート」が一般的です。


もちろん、両方とも構造的なスラブとすることもあります。実務では、どちらの場合でも「二重スラブ」といいます。※スラブと土間コンクリートの違いは下記をご確認ください。

二重スラブのスラブと土間コンクリート

二重スラブの読み方

二重スラブは「にじゅうすらぶ」と読みます。一般用語では、二重を「ふたえ」ということもあるので注意してくださいね。

二重スラブと基礎の関係

二重スラブを設ける場合、基礎の位置がポイントです。下図を見てください。スラブ間の空間を有効活用するため、基礎は下まで下げます。

二重スラブの独立基礎

二重スラブのベタ基礎

基礎形式は、直接基礎または杭基礎のどちらでも対応可能です。直接基礎の中では、独立基礎またはべた基礎が一般的です。

二重スラブの目的

二重スラブをつくる目的は下記の2つが挙げられます(他にも二重スラブとする目的はあります)。


それぞれ説明します。

配管ピット

建物には、水回りの排水管などの「配管」があります。この配管は当然、建物の内部には表れてはいけません。よって1階の配管は地中に埋設するか、1階下の空間に通す必要があります。この配管を通すための空間を「配管ピット」といいます。


配管ピットをつくることで、複雑な配管を通すことが可能です。またピット内部を点検可能にすれば、建物の長期的活用に有効です。


以上より、配管ピットを設けるため、二重スラブとします。

水槽

消火水槽とは、火災の消火に用いる水槽です。消火水槽は鉄筋コンクリートで造ってよいので、二重スラブにしてそこに水を溜めます。

二重スラブと消火水槽

まとめ

今回は二重スラブについて説明しました。二重スラブの意味が理解頂けたと思います。配管ピットを造ること、消火水槽が必要な場合は二重スラブが必要です。構造的な特徴や基礎との関係も覚えておきたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算を学ぶ > 二重スラブとは?1分でわかる意味、読み方、基礎、水槽、ピット