1. HOME > 構造計算の基礎 > 屋根版とは?1分でわかる意味、読み方、建築基準法、構造耐力上主要な部分との関係
スポンサーリンク

屋根版とは?1分でわかる意味、読み方、建築基準法、構造耐力上主要な部分との関係

屋根版(やねいた)とは、屋根を構成する構造耐力上主要な部分です。屋根を支える構造部材の1つです。例えば、木造住宅の場合、野地板が屋根版に該当します。今回は、屋根版の意味、読み方、建築基準法、構造耐力上主要な部分との関係について説明します。構造耐力上主要な部分、床版の意味は下記が参考になります。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係

屋根版とは?

屋根版とは、屋根を構成する構造耐力上主要な部分です。屋根を支える構造部材の1つと考えてください。例えば、木造住宅の野地板が屋根版に該当します。鉄筋コンクリート造なら、屋根スラブが屋根版です。


屋根版は構造耐力上主要な部分なので、荷重を支えている部材です。よって「瓦(かわら)」は、屋根版と言えません。


屋根スラブ、構造耐力上主要な部分の意味は、下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

屋根版の読み方

屋根版は「やねいた」と読みます。床版にならい「やねばん」と読む方もいます。関係用語の読み方を下記に示します。


野地板 ⇒ のじいた

床版 ⇒ しょうばん

屋根版と建築基準法、構造耐力上主要な部分との関係

屋根版は、建築基準法で「構造耐力上主要な部分」に規定されます。構造耐力上主要な部分は、建築基準法施行令1条三号に規定されます。下記に示します。


・基礎

・基礎ぐい

・壁

・柱

・小屋組み

・土台

・斜材(筋交い、方杖、火打ち材、その他これに類するもの)

・床板

・屋根版

・横架材(はり、けた、その他これに類するもの)


上記の部分は、建築物の自重、積載荷重、積雪荷重、風圧、土圧または水圧、地震、振動、衝撃などを支える部材です。


よって、屋根版は、長期荷重、短期荷重に抵抗できる部材とします。長期荷重、短期荷重の意味は下記が参考になります。

長期荷重・短期荷重

まとめ

今回は屋根版について説明しました。意味が理解頂けたと思います。屋根版は、屋根を支える構造耐力上主要な部分です。具体的に、野地板や屋根スラブが、屋根版に該当します。似た用語に主要構造部があります。構造耐力上主要な部分との違いも併せて勉強しましょう。下記が参考になります。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

主要構造部とは?1分でわかる意味、種類、基礎や天井の扱い、耐火

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 屋根版とは?1分でわかる意味、読み方、建築基準法、構造耐力上主要な部分との関係