1. HOME > 構造計算の基礎 > 床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係

床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係

床版とは、人や物の重さを支える床のことです。似た用語で床板がありますが、床版と異なる意味、読み方です。今回は、床版の意味、読み方、種類、橋梁との関係、コンクリートと床版の関係について説明します。※なお、鉄筋コンクリートの床版を、建築ではスラブといいます。スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

床版とは?

床版とは、人や物の重さを支える床(ゆか)のことです。建築では、鉄筋コンクリートの床版を「スラブ」ともいいます。スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割


床版は鉄筋コンクリートに限らず、鋼製、合成(鋼製とRC製を組み合わせたもの)、プレキャスト、プレストレスなど様々な種類があります。


床版は構造的な部材、と考えてください。

床版の読み方、床板との違い

床版は「しょうばん」と読みます。実務では一般的に使う用語なので、覚えましょう。また床板は、「ゆかいた」です。床版と床板では意味も読み方も全く違います。下記に整理しました。

床版の種類

建築で使う床版の種類は下記があります。


RC床版はスラブのことです。鋼製床板は、デッキプレートともいいます。スラブの型枠となるフラットデッキとは違い、人や物の重量を支えることが可能です。※フラットデッキについては下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

合成床版は、デッキプレートとスラブを組み合わせた床版です。スラブ(RC床版)に比べ、耐力が大きいので厚みを薄くできます。


PC床版とは、プレストレスをいれたプレキャスト床版のことです。プレストレスを入れることで、ひび割れ低減、曲げ耐力の向上を図ります。またプレキャスト製品なので、工場で製作したものを現場で搬入して使います。施工的なメリットがある床版です。

床版と橋梁の関係

橋梁の桁上にある床を「床版」といいます。建築と同様に、橋梁の床板もいくつか種類があります。ただし、橋梁は人だけでなく「車」が通行するので、建築の床版よりも耐力が必要です。

床版とコンクリートの関係

建築で最も一般的な床版は、鉄筋コンクリート製です。これをスラブといいます。※スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割


建築物の床版は、歩行性や遮音性、耐火性など構造的な要件以外の条件を満たす必要があります。それらの条件を満たすスラブが最も普及しています。

まとめ

今回は床版について説明しました。床版の意味が理解頂けたと思います。床版の種類、床版の意味を理解してください。建築物に使う床版は、鉄筋コンクリート造がほとんどです。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 床版とは?1分でわかる意味、読み方、種類、橋梁、コンクリートとの関係