1. HOME > 構造計算の基礎 > 置きスラブとは?1分でわかる意味、メリット、ふかし筋との関係、構造計算

置きスラブとは?1分でわかる意味、メリット、ふかし筋との関係、構造計算

置きスラブとは、地中梁と同時に打設しない(一体化しない)スラブのことです。スラブ下を埋め戻す場合、普通、置きスラブとします。コスト、施工性の面で、メリットがあるからです。今回は、置きスラブの意味、メリット、ふかし筋との関係、構造計算について説明します。なお、今回は下記の記事も併せて読んで頂くとスムーズに理解できます。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

打ち重ねとは?1分でわかる意味、打ち継ぎとの違い、注意点、時間

置きスラブとは?

置きスラブとは、地中梁と同時に打設しない(一体化しない)スラブのことです。置きスラブとする理由は、施工性とコストが良いからです。


1階のスラブ下は、普通、土を埋め戻します。スラブ下の型枠を組んで、スラブと地中梁を一体に打設すると、型枠が無駄になります(後程、図で説明します)。勿体ないですし、工程も増えます。


そこで、スラブ天端から200下がりのところで、一端、地中梁を打設します。その後、土を埋戻し、スラブおよび増し打ち部を打設します。これが一般的な地中梁とスラブの施工方法です。


土の埋戻しの意味は、下記の記事が参考になります。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴


増し打ちの意味は、下記の記事が参考になります。

増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方


一方、スラブ下にピットの空間をつくる場合もあります。※ピットの意味は、下記の記事が参考になります。

建築のピットとは?1分でわかる意味、役割、必要性、構造、高さ


ピットをつくる場合、スラブ下の型枠を組む必要があるので、置きスラブとする必要はないです。


また、置きスラブは、コンクリートの打継ぎが必要です。打継ぎの意味は、下記の記事が参考になります。

打ち重ねとは?1分でわかる意味、打ち継ぎとの違い、注意点、時間

スポンサーリンク
 

置きスラブのメリット

置きスラブのメリットは下記です。


スラブと地中梁を一体に打設するより施工性が良い

スラブ下の型枠が不要のためコストも良い


下図をみてください。


置きスラブは、まず地中梁のコンクリートを打設します。次に土を埋め戻します。最後にスラブのコンクリートを打設します(配筋の手順は省略しました)。

置きスラブ

スラブと地中梁を一度に打設しようと思えば、下図のように地中梁の側面の型枠を組み、スラブ下まで土を埋め戻してスラブ下の型枠をつくります。スラブ下の型枠が無駄になりますし工程も増えます。

スラブと地中梁の一体化

置きスラブとふかし筋の関係

置きスラブは、スラブ筋と地中梁の鉄筋は直接繋がりません。しかし、フカシ筋(増し打ち補強筋)が地中梁に定着されていれば、間接的にスラブ筋と地中梁の鉄筋が接合されます。地中梁上のフカシ筋は、下記の記事が参考になります。

ふかしとは?1分でわかる意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシ

置きスラブの構造計算、土間コンクリートの関係

下図をみてください。置きスラブのほとんどは、スラブ下に土が埋め戻されています。スラブ下の土に耐力を期待するなら(土が沈下しないほど強固)、置きスラブは土間コンクリートと考えて良いでしょう。

置きスラブの構造計算

しかし、スラブ下の埋戻し土の耐力を期待しない場合、スラブとして検討します。置きスラブは、地中梁と直接一体化されませんが、引張力はフカシ筋などを通じて力を伝達できます。スラブと地中梁に打継があっても、圧縮力はコンクリートにより伝達可能です。

まとめ

今回は置きスラブについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。置きスラブは、地中梁と一体化しない地中梁のことです。地中梁の上に「置く」スラブという意味です。ピットの無い建物では、普通、置きスラブとします。意味、メリットなど覚えてくださいね。専門用語が多くて、理解するのが大変だと思います。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 置きスラブとは?1分でわかる意味、メリット、ふかし筋との関係、構造計算