1. HOME > 構造計算の基礎 > 片持ちバルコニーとは?1分でわかる意味、長さの限界、断面、片持ち梁との関係

片持ちバルコニーとは?1分でわかる意味、長さの限界、断面、片持ち梁との関係

片持ち部材で支持されたバルコニーのことです。普通、バルコニーは片持ち部材で支持するので、単に「バルコニー」ともいいます。今回は、片持ちバルコニーの意味、バルコニー長さの限界、バルコニー断面、片持ち梁との関係について説明します。※片持ち梁、片持ちスラブについては下記の記事が参考になります。

片持ち梁とは?1分でわかる構造、様々な荷重による応力と例題

片持ちスラブとは

片持ちバルコニーとは?

片持ち部材で支持されたバルコニーを、片持ちバルコニーといいます。ただし、バルコニーは、片持ち部材で支持することが普通です。よって単に「バルコニー」ともいいます。バルコニーを設けることで、下記の効果があります。


屋外スペースができる。

窓から見下ろしたとき、視覚的な安心感がある


バルコニーから洗濯物を干す方、家庭菜園を行う方は多いですよね。バルコニーを設けることで、屋外スペースができます。


また、窓から地面を見下ろしたとき、バルコニーが地上の視界を遮るので安心感があります。例えば、バルコニー無しで10階から地上を見下ろしたとき、危なく感じますよね。バルコニーがあるお陰で、窓際にソファを置いてリラックスできます。


もちろん、誤って窓から転落することも減るでしょう。分譲、賃貸に限らず、マンションにはほとんど片持ちバルコニーが設置されています。

片持ちバルコニーの長さの限界

片持ちバルコニーの長さは1.5〜2.0m程度が一般的です。2mを超える片持ちバルコニーは、構造的にデメリットが多いです。不可能では無いですが、長さを大きくするだけ不合理となります。

片持ちバルコニーの断面

マンションの片持ちバルコニーは、「片持ちスラブ」という部材で支持します。片持ちスラブの厚みは、


片持ち長さの1/10


とします。例えば、片持ち長さが2000の場合、スラブ厚は200mmです。

片持ちバルコニーと片持ち梁との関係

片持ちバルコニーは、片持ちスラブで支持します。ただ、片持ち梁でバルコニーを支持する方法もあります。片持ち梁で支持した方が、安定性が高いです。片持ち長さを大きくすること、スラブ厚を薄くすることが可能です。


片持ち梁の関係は、下記の記事が参考になります。

片持ち梁とは?1分でわかる構造、様々な荷重による応力と例題

まとめ

今回は片持ちバルコニーについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。片持ちバルコニーとは、片持ち部材で支持するバルコニーです。単にバルコニーともいいます。片持ち部材の特徴を覚えてくださいね。特に、片持ちスラブ、片持ち梁は理解しましょう。下記の記事を併せて参考にしてくださいね。

片持ち梁とは?1分でわかる構造、様々な荷重による応力と例題

片持ちスラブとは


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 片持ちバルコニーとは?1分でわかる意味、長さの限界、断面、片持ち梁との関係