1. HOME > 構造計算の基礎 > 死荷重とは?1分でわかる意味、求め方、活荷重との違い、構造力学、建築との関係
スポンサーリンク

死荷重とは?1分でわかる意味、求め方、活荷重との違い、構造力学、建築との関係

死荷重とは、構造物自体の重さ(自重)による荷重です。死荷重は、構造物がある限り作用し続ける外力です。一方、荷重の大きさが一定でなく、作用位置が変わるものを活荷重といいます。今回は死荷重の意味、求め方、活荷重との違い、構造力学、建築との関係について説明します。似た用語に、固定荷重と積載荷重があります。詳細は、下記が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算

死荷重とは?

死荷重とは、構造物自体の重さ(自重)による荷重です。自重の意味は、下記が参考になります。

自重とは?1分でわかる意味、建築物、梁、コンクリートでの計算、読み方


死荷重は、構造物が存在する限り作用し続ける外力です。死荷重は構造物自体の重さなので、作用する大きさや位置は同じです。


一方、活荷重は、大きさや作用位置が変化する荷重です。例えば、車は活荷重です。また、死荷重と活荷重は、土木の構造力学で使う用語です。


建築では、死荷重と活荷重の代わりに、固定荷重と積載荷重を用います。死荷重と固定荷重は大体同じ意味ですが、活荷重と積載荷重は意味が異なります。詳細は、下記が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算

死荷重の読み方

死荷重は「しかじゅう」と読みます。活荷重は「かつかじゅう」です。また、英語で死荷重は「dead load」、活荷重は「live load」です。

死荷重の求め方

死荷重は、構造物の自重を求めればよいです。よって構造物の材料が、鋼か鉄筋コンクリートで値が変わります。また、断面の大きさも自重に影響します。自重の意味は、下記が参考になります。

自重とは?1分でわかる意味、建築物、梁、コンクリートでの計算、読み方

死荷重と活荷重の違い

死荷重と活荷重の違いを、下記に示します。


死荷重 ⇒ 構造物自体の重さ。自重のこと。

活荷重 ⇒ 大きさ、作用位置などが変化する荷重。例えば、車の荷重がある


建築では、死荷重のことを固定荷重といいます。活荷重に近い用語が、積載荷重です。詳細は、下記が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算

死荷重と建築の構造力学

建築の構造力学では、固定荷重と積載荷重という用語を使います。固定荷重は、構造物や仕上げ材の自重による外力です。積載荷重は、居室内で変動や移動する荷重です。両方とも、「平米荷重」として、構造計算に考慮します。


土木で使う死荷重、活荷重の意味と若干異なるので注意しましょう。詳細は、下記が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算

まとめ

今回は死荷重について説明しました。意味が理解頂けたと思います。死荷重は、構造物自体の重さ(自重)です。土木の構造力学で使う用語です。また、活荷重があります。死荷重と活荷重の意味、固定荷重と積載荷重の意味を勉強しましょうね。下記が参考になります。

固定荷重ってなに?1分でわかる意味と種類

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 死荷重とは?1分でわかる意味、求め方、活荷重との違い、構造力学、建築との関係