1. HOME > 構造計算の基礎 > 図面の寸法とは?1分でわかる書き方、寸法線の基準、単位

図面の寸法とは?1分でわかる書き方、寸法線の基準、単位

建築図面には寸法があります。寸法を示すことで、建物や部材の大きさがわかるだけでなく、図面の意図(設計者がやりたいこと)も伝えられます。今回は図面の寸法、寸法の書き方、寸法線の基準、寸法の単位などについて説明します。※建築図面の中には、「構造図」があります。構造図については下記が参考になります。

構造図とは?1分でわかる意味、種類、見方、符号

図面の寸法とは?

建築図面の寸法は、建物の大きさ、部材の大きさ、納まりなどを明確にするものです。いくら綺麗に図面を描いても、寸法が無ければ絵に描いた餅です。寸法があってようやく図面として完成します。


また、寸法は設計者自身を守る道具にもなります。現場で、「勝手に片持ちスラブの寸法を変えられた」という事態が起きても、「寸法を守らない人が悪い」といえます(※もちろん、最近の建築工事は厳密化しているので、そんなことは無いです)。逆に寸法が無ければ現場変更への反論が難しいでしょう。「寸法が無い」ということは、「現場判断」と捉えられてもしょうがないのです。

建築図面の寸法の書き方、基準

建築図面の寸法は書き方の基準があります。下図をみてください。物(建物)の下、上、右、左、寸法値の位置が変わります。細かいですが、覚えておきましょう。

寸法線と値の書き方

また、下図をみてください。建築図面では多スパンの建物がほとんどです。各スパンの寸法を示して、合計の寸法を書きます。建物の下側と左側に寸法線を書くのが基本です。ただし、厳密なルールではないので、右と下側、上と左側などに寸法を書く人もみえます。

合計の寸法

寸法線は躯体線に比べて細い線で描きます。目立たせない目的があります。また、寸法線の始端と終端には0.5〜1.0mm程度の「●(黒丸)」を描きます。

寸法線と黒丸

寸法の文字は、図面を印刷したときに高さ3mm程度になるよう書きます。これも厳密なルールではないので、もっと大きく書く人や、小さく書く方もいます。ただ、図面は万人が読めるよう、見栄えが許す範囲で「大きく」書きましょう。

寸法の単位

建築図面の寸法の単位は

が基本です。よって、寸法の値は「mm」を書く必要がありません(ミリ単位だという共通認識があるからです)。逆に、ミリ単位以外で表記したい場合、単位を明記すべきです。

建築図面と線の種類

建築図面には、線の種類があります。下記に整理しました。


寸法線は、細い実線で描きます。躯体の線と区別するためです。逆に躯体の線は「太い線」で描きます。かくれ線とは、例えば床の下に隠れている部材に使います。梁はスラブの下に隠れています。よって、スラブ下の梁はかくれ線で描きます。梁は躯体なので、「太いかくれ線」です。通り芯、壁芯、柱芯などの基準線は、細い一点鎖線で描きます。


上記は図面の見栄えを左右するだけでなく、施工者の図面の読みやすさに繋がります。

まとめ

今回は図面の寸法、寸法の書き方について説明しました。意味が理解頂けたと思います。寸法の書き方だけでなく、「図面の描き方」は経験しながら身に付きます。今回紹介した基準は、その一部です。ただ、覚えて頂きたいのは、図面は「わかりやすく書く(描く)こと」が大切です。多少の基準えよりも、「わかりやすさ」が優先されることを覚えてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 図面の寸法とは?1分でわかる書き方、寸法線の基準、単位