1. HOME > 構造計算の基礎 > 筋交いの鉄筋は?1分でわかる意味、倍率、筋交いの種類、鉄筋プレースとの関係
スポンサーリンク

筋交いの鉄筋は?1分でわかる意味、倍率、筋交いの種類、鉄筋プレースとの関係

筋交いとは、地震力に抵抗する斜め方向に配置される部材です。筋交いの種類の1として、鉄筋があります。木材の筋交いに比べて細い断面(φ9など)で済みます。今回は筋交いに使う鉄筋の意味、倍率、筋交いの種類、鉄筋ブレースとの関係について説明します。筋交いの種類など下記も参考になります。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い


なお鉄骨造では、筋交いを「ブレース」ともいいます。ブレース構造の詳細は下記が参考になります。

ブレース構造とは何か?

筋交いの鉄筋は?

筋交いは下図に示すような、地震力に抵抗する斜め部材です。木構造や鉄骨造では、地震力を筋交いに抵抗させることが多いです。


ラーメン架構と筋交い架構


木構造に用いる筋交いは木造の他に鉄筋を用います。木造の筋交いに比べて断面が小さいことが特徴です(φ9など)。後述しますが筋交いに使う断面の違いで、壁倍率が違います。筋交い、壁倍率の意味は下記が参考になります。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

壁倍率とは?1分でわかる意味、筋交い、一覧、土壁の値、石膏ボード

スポンサーリンク

筋交いの鉄筋の倍率、種類

筋交いは、使用する材料や木材の断面によって「壁倍率」が違います。壁倍率とは、耐震性能を数値化したものです。壁倍率1.0より2.0の方が、耐震性が高いと考えてください。下記に鉄筋による筋交いの壁倍率を示します。


・9mmの鉄筋    壁倍率1.0

・1.5cm×9.0cmの木材 壁倍率1.0

・3.0cm×9.0cmの木材 壁倍率1.5

・4.5cm×9.0cmの木材 壁倍率2.0

・9.0cm×9.0cmの木材 壁倍率3.0

・※土塗壁 壁倍率0.5(土塗壁は筋交いでない)


上記は下図のように片側に筋交いを設けた場合の値です。


ラーメン架構と筋交い架構


上図をたすき掛けに配置すると、筋交いの本数が2倍になるので壁倍率も2倍です。


たすき掛けの筋交い

<3>筋交いと鉄筋ブレースの関係

木構造に使う斜め部材は「筋交い」ということが多いです。一方、鉄骨造では「ブレース」といいます。言い方は色々ありますが、鉄筋を用いたブレースを「鉄筋ブレース」や「JISブレース」ともいいます。ブレース構造の詳細は下記をご覧ください。

ブレース構造とは何か?

まとめ

今回は筋交いと鉄筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。木構造の筋交いには、木材の他に鉄筋を使います。木材に比べて断面が小さいです。また壁倍率も小さい値です。筋交いの意味も併せて勉強しましょうね。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

ブレース構造とは何か?

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 筋交いの鉄筋は?1分でわかる意味、倍率、筋交いの種類、鉄筋プレースとの関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事