1. HOME > 構造計算の基礎 > 在来軸組み工法とは?1分でわかる意味、部材の種類と役割、枠組み壁工法との違い
スポンサーリンク

在来軸組み工法とは?1分でわかる意味、部材の種類と役割、枠組み壁工法との違い

在来軸組み工法とは、日本で昔から用いられる木造建築物の工法です。柱、梁による骨組み、筋交いなどで建物を支え、地震に抵抗します。今回は在来軸組み工法の意味、部材の種類と役割、枠組み壁工法との違いについて説明します。


柱、梁、筋交いの意味は、下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

在来軸組み工法とは?

在来軸組み工法とは、日本で昔から用いられる木造建築物の工法です。「古民家(こみんか)」と呼ばれる建築物の多くは、在来軸組み工法で建てられています。在来軸組み工法は、「軸組み(じくぐみ)」という柱、梁、筋交いによる骨組みで、建物を支えます。


下図をみてください。軸組みの例を示します。

軸組み

在来軸組み工法で使う部材の種類と構造的な役割

在来軸組み工法は、色々な部材を使います。下記に在来軸組みで使う部材を整理しました。


垂木 ⇒ 野地板、屋根の重量を支える部材

棟木 ⇒ 棟(屋根の一番高く、折れ曲がる部分)をつくる部材

母屋 ⇒ 垂木を支える。小屋束へ力を伝える

小屋束 ⇒ 棟木、母屋、軒桁を支える。小屋梁へ力を伝える部材

小屋梁 ⇒ 小屋束を支える。軒桁へ力を伝える部材

軒桁 ⇒ 小屋梁を支える。柱へ力を伝える部材

根太 ⇒ 床を支える部材

床梁 ⇒ 根太を支える。柱へ力を伝える部材

大引き ⇒ 1階の根太を支える。床束や土台に力を伝える部材

土台 ⇒ 柱から伝わる力を基礎に伝える部材

柱 ⇒ 軒桁や床梁を支える。土台、基礎に力を伝える部材

筋交い ⇒ 水平方向の力に抵抗する部材


母屋、根太、筋交いの意味は、下記の記事が参考になります。

母屋は屋根荷重を支える部材のこと

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

在来軸組み工法と枠組み壁工法との違い

木造建築物の工法に、枠組み壁工法があります。一般的に「ツーバイフォー工法」といいます。枠組み壁工法と在来軸組みの違いを下記に整理しました。


在来軸組み工法 ⇒ 日本で昔から用いられる木造建築物の工法。柱、梁、筋交いなどで構成する骨組み(軸組み)で、建物を支える。

枠組み壁工法 ⇒ アメリカで普及し、日本に輸入された木造建築物の工法。壁で建物を支える。


在来軸組みは「線」、枠組み壁工法は「面」で建物を支えると考えましょう。

まとめ

今回は在来軸組み工法について説明しました。意味が理解頂けたと思います。在来軸組み工法は、日本で昔から用いられる木造建築物の工法です。柱、梁による骨組みで、建物を支える工法だと覚えてくださいね。また、各部材の種類と構造的な役割も覚えましょう。下記の記事も併せて勉強しましょう。

母屋は屋根荷重を支える部材のこと

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 在来軸組み工法とは?1分でわかる意味、部材の種類と役割、枠組み壁工法との違い