1. HOME > 構造計算の基礎 > 小屋束とは?1分でわかる意味、読み方、母屋、小屋筋交いとの関係
スポンサーリンク

小屋束とは?1分でわかる意味、読み方、母屋、小屋筋交いとの関係

小屋束(こやづか)とは、屋根を支える部材の1つです。母屋から伝わる力を、妻梁(小屋梁)へ伝達する役割があります。今回は小屋束の意味、読み方、母屋、小屋筋交いとの関係について説明します。垂木、母屋、在来軸組み工法は、下記の記事が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

在来軸組み工法 リンク

垂木とは?1分でわかる意味、読み方、役割、胴縁、根太との違い

小屋束とは?

小屋束とは、屋根を支える部材の1つです。下図をみてください。これが小屋束です。小屋束は、母屋および妻梁(小屋梁)と接続します。母屋を支え、妻梁に力を伝達する部材です。


小屋束


また、屋根の「棟」部分が、小屋束の最も長い部分です。屋根勾配に従い、軒桁に向かって小屋束は短くなります。


なお、「束」とは短い柱と考えてください。小屋部分に設ける小屋束だけでなく、床を支える床束もあります。床束の意味は、下記が参考になります。

床束とは?1分でわかる意味、読み方、使い方と注意点

小屋束の読み方

小屋束は「こやづか」と読みます。小屋束に関係する用語の読み方は、下記です。


小屋筋交い ⇒ こやすじかい

小屋梁 ⇒ こやばり

妻梁 ⇒ つまばり

母屋 ⇒ もや

小屋束と母屋の関係

下図をみてください。母屋から小屋束、小屋束から妻梁(小屋梁)に力が伝達されます。小屋束は母屋を支える部材です。


小屋束と母屋の関係


小屋束が無ければ、母屋からの力は伝達されません。また、屋根勾配をつくることができませんね。

小屋束と小屋筋交いの関係

小屋束は長期荷重(屋根の重さ、雪の重さなど)を伝えるだけでなく、地震力を伝える目的があります。下図のように、棟部分に小屋束、小屋筋交いを配置します。屋根に生じる地震力は、小屋筋交いと小屋束を介して2階の耐震要素(耐震壁)に伝達されます。


筋交いの意味は、下記が参考になります。

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い


なお、伝統工法に見られる和小屋は小屋筋交いを設けないことが多いです。洋小屋は筋交いや方づえを用います。

まとめ

今回は小屋束について説明しました。意味が理解頂けたと思います。小屋束は、屋根を支える束です。小屋束の意味、母屋、妻梁との関係を覚えましょう。その他、母屋、垂木、筋交いの意味も勉強してくださいね。下記が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

垂木とは?1分でわかる意味、読み方、役割、胴縁、根太との違い

在来軸組み工法 リンク


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 小屋束とは?1分でわかる意味、読み方、母屋、小屋筋交いとの関係