1. HOME > 構造計算の基礎 > 地表面粗度区分とは?1分でわかる意味、読み方、Gf、Erとの関係

地表面粗度区分とは?1分でわかる意味、読み方、Gf、Erとの関係

地表面粗度区分とは、地表面の粗さ(都市化の状況)を示す用語です。風圧力の算定で、地表面粗度区分を考慮します。今回は、地表面粗度区分の意味、読み方、GfやErとの関係について説明します。※風圧力の算定については下記の記事が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

地表面粗度区分とは?

地表面粗度区分とは、地表面の粗さを意味する用語です。「地表面の粗さ」とは、都市化している状況のことです。例えば、東京の中心部のように著しく都市化している場所は、「とても粗い状況」といえます。


地表面粗度区分は、都市化の状況に応じてT〜Wの4つに区分されます。下記に地表面粗度区分を示します。


上記の区分は、各都道府県や市町村により区分されます。計画地がどの区分に該当するのか調べてくださいね。ただ、東京都心なので区分Tはあり得ませんね(東京都の都市化状況をイメージしてください)。


単純ミスをなくすため、区分TとWのイメージをもつと良いでしょう。

地表面粗度区分とGfの関係

Gfはガスト影響係数といいます。Gfの値は、地表面粗度区分と建物高さに対応します。


上記より、ガスト影響係数は、都市化が著しいほど大きな値になる、とわかります。

スポンサーリンク

地表面粗度区分とErの関係

Erは平均風速の高さ方向の分布を表す係数です。Erは下式で計算します。


地表面粗度区分に応じたZb、Zg、αの値は下記です。

上記の値を用いてErを計算します。HがZb以下のとき、区分Tと区分Wで計算すると、区分Tの方がErは大きくなります。


平坦で障害物が無く、風通りが良さそうな場所の方が、Erは大きいということです。逆に都市化が著しい地域では、Erは小さくなります。

地表面粗度区分の読み方

地表面粗度区分は「ちひょうめんそどくぶん」です。

まとめ

今回は地表面粗度区分について説明しました。意味が理解頂けたと思います。地表面粗度区分は、地表面の粗さを意味します。粗さとは、都市化の状況だと考えてください。地表面粗度区分は、風圧力の算定で考慮します。計画地がどの区分に対応するかは、特定行政庁などで定められるので、各市町村に問い合わせしましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 地表面粗度区分とは?1分でわかる意味、読み方、Gf、Erとの関係