1. HOME > 耐震設計の基礎 > 耐震設計でのモデル化と一質点系

耐震設計でのモデル化と一質点系

耐震設計の基礎では、まず一質点系の振動方程式を勉強します。 その第一歩として対象とする建物をモデル化を考えてみましょう。一般的に建設構造物 はせん断質点系と呼ばれるモデル化が行われます。具体的な説明は以下のようになっています。

・せん断質点系
初めに説明したように、モデル化では串団子のような重量を質点に集中させます。通常、建物の床は面内剛性が高いとされているので 床の変形は一定とします。この仮定を剛床仮定と呼びます。さらに、床は他の部材に比べて考えると重量が大きいので、そこに重量が集中している と考え、このようなモデル化をせん断質点系と呼びます。
せん断質点系モデル せん断質点系モデル2


で、一質点系とは、団子が一つの状態です。団子が二つ以上のものは多質点系と 呼んでいます。 以上のようにモデル化すると解析上、計算が簡便なことや精度もそこそこ良いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 耐震設計でのモデル化と一質点系