建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 耐震設計の基礎知識

耐震設計の基礎知識

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


振動の基礎では、まず一質点系の自由振動や減衰自由振動を勉強します。 今日はそんな振動用語のごく基礎的なお話をしておきます。皆さんの勉強で何か役に立てば。

・振動について
例えば地震動でなくても、ある周期をもった波を想像してください。 代表的な周期関数にはsin波やcos波がありますね。これを振動と呼びます。振動の種類は 様々なで、周期的なものとそうでないものに分けられますが、代表的な外力としては「地震動」 ですね。 これは不規則なデータの集まりで、けっして関数で表されるものではないので「デジタルデータ」 とも呼ばれます。

・一質点系
建築で良く用いられているモデルは串団子のようなものです。このモデルでは重量は質点に作用する というものです。実際の建物は構造全体に重量をもっていますが、このようにモデル化して考えても かなり良い精度をもち、かつ計算が簡便になるので好まれています。

スポンサーリンク
 

・自由振動とは
また、さきほど説明したように振動には自由振動と呼ばれる揺れがあります。これは、減衰も無く 外力も発生しない状態で揺れている状態です。外力が無い状態というのはイメージがつきにくい かもしれませんが、物理で習った振り子の問題で、自分では手を加えずにある位置から玉を押さえて おいて離したときに発生する振動と同様のものです。

・減衰、減衰自由振動とは
減衰とは揺れを抑える働きをそう呼びます。つまり減衰自由振動は外力が作用していない状態で、減衰 の効果が働き少しずつ揺れがおさまります。では、具体的に減衰とはなにか?どうやって求めているのか と聞かれると、これは曖昧なところがあります。実際に、この減衰は良くわかっていないもので、設計では 重量に比例させたり、剛性に比例させたり、レーリー減衰と呼ばれるもの等と様々な工夫で減衰の値を決め ています。

・共振
ある振動を建物に作用させたとき、その建物の揺れの周期と外力として作用させた振動の周期が一致したとき 大きく揺れるような現象を引き起こします。これを共振と呼びます。耐震設計する際はこの共振に気をつけなけ ればなりません。

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 耐震設計の基礎知識
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事