建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 両端固定柱の水平剛性

両端固定柱の水平剛性

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


図に示すような両端固定柱の変位δを求め、水平剛性kを導け。※ヒント:両端固定というところに注目!

両端固定柱


公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

解答例

問題を考えやすいように片方の柱だけを取り出して考えてみると、次のようなモデルとなります。

両端固定柱2

両端固定柱に水平力が加わっている状態を、少し大げさに描いてみまる。

両端固定柱に水平力が加わっている状態

両端固定ということは柱の長さが半分の位置で変位を考えてみると、片持ち梁の変位と全く同じであることがわかります。

つまり、両端固定柱の変位は片持ち梁の変位を2倍したものであることが確認できますね。

よって、

片持ち梁の変位:δ=PL3/3EI

柱長さが半分の位置:L=L/2

δ=PL3/24EI

もう片方の変位を考慮:δ=2×(PL3/24EI)=PL3/12EI


外力と変位の関係:P=

ここで外力Pを、同じ剛性を持った柱2本で負担すると考えると、

外力と変位の関係:0.5P=

先ほど求めた変位の式:P=(12EI/L3)δ


2つの式を係数比較すると:k=24EI/L3

となり、以上のように水平剛性を求めることが出来ましたね。

まとめ

今回は、演習問題を解きながら両端固定柱の水平剛性を算定しました。下記も併せて参考にしてくださいね。

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 両端固定柱の水平剛性
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事