1. HOME > 耐震設計の基礎 > 演習問題-梅村スペクトル-
スポンサーリンク

演習問題-梅村スペクトル-

1質点系モデルの固有値解析を実施し、固有周期を確認せよ。また、水平剛性と質量を1/2倍、2倍と変化させた場合の周期の変化をみよ。 ただし、梅村スペクトルを用いた場合を示せ。
例題のモデル

・解答例
前問の結果より固有周期は次の値が分かっている。
T=2π/w=2π/36.61=0.17(s)
T<="0.5(s)を用いた応答変位に関する梅村スペクトルの式は
SD=90T2KG

である。この式は水平剛性と質量を考慮すると次の式で与えられる。
水平剛性と質量を考慮した式
さて、水平剛性と質量が1/2倍 , 2倍のときに上述に示した式は
水平剛性と質量を考慮した式2
となる。よって、

S'D/SD=4

であることから、求める応答変位は4倍されることが分かる。ここで、SDとkGの値を与えて水平剛性と質量が変化したときのTを求めてみよう。kG=0.2とすれば応答変位は

SD=90×0.22×0.2=0.52(cm)

4SD2.08(cm)=90×T2×0.2

T=0.339≒0.34(s)
となる。以上のように梅村スペクトルによる応答変位の関係を用いて固有周期を求めた。

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 演習問題-梅村スペクトル-
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事