建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 絶対加速度や相対速度とは何か?

絶対加速度や相対速度とは何か?

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


地震動はデジタルデータと呼ばれ、関数としては意味のないデータです。そのため、振動方程式から理論解を得ることができません。そこで、地震応答解析は主にニューマークβ法と呼ばれる数値解析を行い、近似解を得ます。 このサイトでもニューマークβ法のページを追加していますが、その前に地震応答解析に関して理解しなければならないことがあります。それは、絶対加速度応答及び相対変位、相対速度応答の関係です。
まず、地震動は通常の外力とは異なり、地面が振動し建物に外力を与えます。 よって、地震動が作用した際は地面自体が揺れることにより発生しますので、以下のような図となります。原点Oから地震動による距離をug(t)とします。このモデルで、振動方程式を導いてみましょう。まあ、簡単ですね。串団子に加わる加速度は、地震動により地面に生じた変位ug(t)と串団子そのものの変位xを足し合わせて、二階微分したものです。 よって

絶対加速度や相対速度
絶対加速度や相対速度2
です。








しかし、串団子の速度、変位に関しては串団子の変位xに関するものです。ここに注意してくださいね。以上のように、地震応答解析では、加速度に関しては「絶対加速度」、速度や変位に関しては「相対速度、相対変位」と呼んでいます。間違っても「相対加速度」や「絶対速度」などと言わないでください。

「絶対加速度」=x''+u''g(t)
「相対速度」=x'
「相対変位」=x

言葉で書くとこうなります。
「絶対加速度」=「応答加速度+入力加速度」
「相対速度」=「応答速度」
「相対変位」=「応答変位」

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 耐震設計の基礎 > 絶対加速度や相対速度とは何か?
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事