1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置

建築の大引とは、木造の1階床を支える梁部材の1つです。根太を支える部材です。大引は束柱で支えます。また、コンクリートの型枠を支える梁部材を、大引といいます。今回は、大引の意味、木材との関係、根太、束柱との関係、大引の継手位置について説明します。


※根太、型枠、梁の意味は、下記の記事が参考になります。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

建築の大引とは?

建築用語の大引とは、主に、1階の床を支える梁部材のことです。根太を支える部材と考えてください。下図に大引と根太、束柱を示します。

大引

床板を根太が支え、根太を大引が支えます。さらに、大引きを束柱が支えます。※根太の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太


※梁部材とは、荷重を支える水平方向の部材です。水平、鉛直方向の意味は、下記の記事が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向


また、型枠を支える梁部材を、大引ともいいます。※型枠、梁の意味は、下記の記事が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

大引と根太、束柱との関係

大引と根太、束柱の関係を下図に示します。

大引と根太、束柱

根太と大引の方向に注目してください。大引は、根太と直交方向に向いていますね。大引は、必ず根太と直交方向に向かないと、荷重を負担できません。


木造だけでなく、鉄骨造やRC造でも同様の考え方です。力の流れる順番を理解しましょうね。

大引の継手位置

大引の継手位置は、束柱の芯から150mm程度の位置とします。

型枠と大引の関係

スラブをつくるため、型枠が必要です。スラブは硬化するまで自立しないので、せき板や支柱、大引で支えます。下図に、大引とコンクリートの関係を示します。

大引と型枠

木造と同様に、根太の下に大引がありますね(大引は根太を支える部材)。※せき板の意味は下記の記事が参考になります。

せき板とは?1分でわかる意味、種類、支保工との違い、存置期間

まとめ

今回は建築の大引について説明しました。意味が理解頂けたと思います。大引は、根太を支える水平方向の部材です。木造や型枠工事で使う用語だと覚えてくださいね。また、大引、根太、束柱の関係を理解しましょう。なお、鉄骨造では大引ではなく、単に「梁」または「小梁」といいます。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の大引とは?1分でわかる意味、木材、根太、束柱との関係、継手位置