1. HOME > 構造計算の基礎 > 根太とは何か?役割と意味について

根太とは何か?役割と意味について

根太とは何でしょうか。答えを先に言いますね。根太は床を支える部材のこと。木造でも「根太」という部材がありますし、鉄骨造でも根太は使います。ただし両者では部材の大きさや形状が違う。


今回は根太とは何か、その役割と意味について説明します。


・根太は床を支える部材のこと

先に述べたように、根太は床を支える部材のことです。お住まいが木造の戸建て住宅なら、床を見てください。フローリングが貼ってあると思います。このフローリングは板ですが、板のみでは壊れてしまいます。


よってフローリングを支える部材が必要ですね。これが根太です。根太は900ピッチとか600ピッチで配置されます。昔から使われた尺貫法をメートル法に直したときの名残で、このような寸法です。


この根太ピッチはフローリングの厚みで決定されます。仮にフローリングがとても厚く強い板であれば、根太は粗いピッチで良いかもしれません(900など)。逆に、フローリングの板が薄い場合、根太ピッチを粗くすると抜けてしまいます。


この場合、根太を455ピッチ(900の半分くらい)にしてフローリングが抜けないよう配慮します。


根太の大きさは45x45程度の小さな部材を使います。


・鉄骨造では階段の踊り場で使われる

鉄骨造では階段の踊り場に「根太」という言葉が使われます。木造と違って根太は、アングル材です。踊り場は根太と床板で造られますが、先に述べたように、板の厚みによってアングルのピッチは変わります。

・まとめ

いかがでしたか。根太は床を支える部材のこと。木造住宅にお住まいの方は、フローリングの下に根太があるんだ、と覚えると理解が早いですね。また鉄骨造では階段踊り場の床を、床板を根太で造ります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 根太とは何か?役割と意味について