1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートのせん断強度は?1分でわかる意味、fsとの関係、圧縮強度、引張強度との違い
スポンサーリンク

コンクリートのせん断強度は?1分でわかる意味、fsとの関係、圧縮強度、引張強度との違い

コンクリートのせん断強度は、Fc/30かつ(0.49+Fc/100)で計算します。これは鉄筋コンクリート構造計算規準に規定される値です。コンクリートのせん断強度の記号はfsです。今回は、コンクリートのせん断強度の意味、fsとの関係、圧縮強度、引張強度との違いについて説明します。コンクリートのせん断耐力、せん断破壊など下記が参考になります。

コンクリートのせん断耐力とは?1分でわかる求め方、計算式、終局時の求め方

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

コンクリートのせん断強度は?

コンクリートのせん断強度は下式で計算します。なお、下記は長期時の値です。


fs=Fc/30かつ(0.49+Fc/100)


fsの単位はN/mu、Fcはコンクリートの設計基準強度です。設計基準強度は下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


Fc=24のとき、fsは


fs=Fc/30=24/30=0.8

fs=(0.49+Fc/100)= (0.49+24/100)=0.73


なので、fs=0.79です。


短期時のせん断強度は、前述した値の1.5倍です。コンクリートのせん断強度を求めて、せん断耐力を算定します。長期時荷重に対しては、コンクリートのみのせん断耐力を考慮します。コンクリートのせん断耐力は、下記が参考になります。

コンクリートのせん断耐力とは?1分でわかる求め方、計算式、終局時の求め方

コンクリートのせん断強度とfsの関係

コンクリートのせん断強度の記号はfs(えふえす)で表します。関係記号としてFc(えふしー)も覚えてくださいね。Fcの意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

コンクリートのせん断強度、圧縮強度、引張強度との違い

コンクリートのせん断強度、圧縮強度、引張強度の違いを下記に示します。


コンクリートのせん断強度 fs=Fc/30かつ(0.49+Fc/100)

コンクリートの圧縮強度 Fc/3

コンクリートの引張強度 −


上記の通り、コンクリートの引張強度は定義されていません。実際は0では無いですが「設計上は0」と考えて良いです。


コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係、詳細は、下記が参考になります。

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?

コンクリートの強度と単位は?1分でわかる意味、強度の単位、fc、読み方

まとめ

今回は、コンクリートのせん断強度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートのせん断強度は、fs=Fc/30かつ(0.49+Fc/100)で計算します。Fcは設計基準強度です。下記も併せて勉強しましょうね。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

圧縮強度の基礎知識、コンクリートの圧縮強度とは?

コンクリートのせん断耐力とは?1分でわかる求め方、計算式、終局時の求め方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

2級建築士計算問題解説集

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートのせん断強度は?1分でわかる意味、fsとの関係、圧縮強度、引張強度との違い