1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算
スポンサーリンク

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士では建築構造に関する問題が8〜9問出題されます。計算問題は2問出題され、梁(またはラーメン構造)のモーメントやせん断力の計算が必要です。今回は2級建築施工管理技士の過去問を元に、梁のモーメントやせん断力の計算方法、解き方について説明します。梁のモーメント、せん断力の求め方は下記も参考になります。

曲げモーメントの公式は?1分でわかる公式、導出、両端固定、単純梁、片持ち梁

梁のせん断応力度

2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?

2級建築施工管理技士の学科試験では、建築構造に関する問題が8〜9問出題されます。その中でもモーメントを計算する問題が1〜2問出題されます。


モーメントとは、「物を回転させようとする力」です。例えば、棒を両手に持って曲げようとします。この力がモーメントです。モーメントの詳細は下記が参考になります。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法


2級建築施工管理技士で出題されるモーメントに関する問題は、大学や高専で学ぶ構造力学が分かれば十分対応できます。「構造力学が苦手」と思わずに、是非取り組みましょう。※構造力学が苦手な方は下記も参考になります。

構造力学が苦手な人の特徴

2級建築施工管理技士のモーメントに関する過去問の解き方と計算

下記に示す2級建築施工管理技士の過去問を解きましょう。


2級建築施工管理技士のモーメント1


解き方の流れを下記に示します。


@ 支点反力を求める

A D点に生じるせん断力を求める

B D点に生じるモーメントを求める

C 選択肢を選ぶ


上記の流れに従い、過去問を解きましょう。


@ 支点反力を求める

まず支点反力を求めます。なお、A支点はピン支点、B支点はローラー支点です。ピン支点は鉛直反力と水平反力、ローラー支点は鉛直反力のみ生じます。今回は水平方向の外力が0なので反力も0です。


鉛直方向の反力のつり合い式をたてます。


2級建築施工管理技士のモーメント2


A支点を起点にモーメントのつり合い式をたてます。A点はピン支点なのでモーメントは0です。よって、


2級建築施工管理技士のモーメント3


これでA点とB点の反力が分かりました。


A D点に生じるせん断力を求める

次にD点のせん断力Qを求めます。せん断力を求める時、下図のように部材を仮想的に切断します。


切断位置の左側(または右側)の外力(反力)と、せん断力Qの力のつり合いをたてます。なお、せん断力は下向きに仮定します。


2級建築施工管理技士のモーメント4


よって、


2級建築施工管理技士のモーメント5


です。選択肢をみると、いずれの値も違いますね。


B D点に生じるモーメントを求める

次にD点のモーメントを求めます。モーメントは、せん断力と同様に切断位置の左側(または右側)の外力(反力)と、モーメントとの力のつり合いをたてます。


2級建築施工管理技士のモーメント6


C 選択肢を選ぶ

モーメントの値は2kNmなので解答は3ですね。

まとめ

今回は2級建築施工管理技士で出題されるモーメントに関する過去問を解きました。計算方法が理解頂けたと思います。2級建築施工管理技士の構造力学の問題は難しく無いです。勉強すれば必ず理解できます。「構造力学が苦手」と思わず、学び直しを始めましょう。下記も併せて勉強しましょうね。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

構造力学が苦手な人の特徴

2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴

2級建築士計算問題解説集

▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算