1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造材料に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方
スポンサーリンク

2級建築施工管理技士の構造材料に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方

2級建築施工管理技士の学科試験では、構造材料に関する問題が1問ほど出題されます。構造材料には、鋼、コンクリート、木があります。各材料の構造性能、特徴を勉強しましょう。今回は2級建築施工管理技士の構造材料に関する過去問の傾向、解き方と考え方について説明します。鋼、コンクリートの特徴は下記が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

2級建築施工管理技士の構造材料に関する問題は?

2級建築施工管理技士の学科試験では、構造材料に関する問題が1問出題されます。構造材料は木、鋼、コンクリートがあります。その中でも、


・鋼

・コンクリート


の特徴、種類、構造性能を理解すると、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の問題にも対応できます。鋼、コンクリートの特徴は下記が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴


鋼、コンクリートの種類は下記が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

2級建築施工管理技士の構造材料に関する過去問の傾向、解き方と考え方

2級建築施工管理技士の構造材料に関する過去問を下記に示します。1問目です。


2級建築施工管理技士の構造材料1


1は正しい記述です。コンクリートは引張に弱いです。引張強度は、圧縮強度の1/10です。コンクリートの特徴は下記が参考になります。

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴


2は正しい記述です。単位水量が多いと乾燥収縮しやすいです。単位水量の詳細は下記が参考になります。

単位水量とは?1分でわかる意味、規準、水セメント比、コンクリートの種類との関係


3は正しい記述です。水セメント比の詳細は下記が参考になります。

水セメント比とは?1分でわかる定義、計算法、単位水量との関係


4は不適当な記述です。セメント粉末が微細なほどコンクリートの発現強度は早くなります。


2問目です。


2級建築施工管理技士の構造材料2


1は正しい記述です。SN材の詳細は下記が参考になります。

SS,SN,SM材とは?


2は正しい記述です。SM材の特徴は下記が参考になります。

SS,SN,SM材とは?


3は正しい記述です。STKN材の詳細は下記が参考になります。

stkn400とは?1分でわかる意味、規格、stk材、stkn490との違い


4は不適当な記述です。一般構造用圧延鋼材はSS400材です。詳細は下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

まとめ

今回は2級建築施工管理技士の構造材料について説明しました。構造材料は木、鋼、コンクリートがあります。鋼とコンクリートの材料の性質、種類は必ず勉強しましょう。鉄骨造、鉄筋コンクリート造の理解も深まります。下記も参考にしてくださいね。

2級建築施工管理技士の鉄筋コンクリート造に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方

2級建築施工管理技士の鉄骨造に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造材料に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方