1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造設計に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方
スポンサーリンク

2級建築施工管理技士の構造設計に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方

2級建築施工管理技士の学科試験では、構造設計に関する問題が出題されます。構造設計の外力、構造材料の基本について出題されています。ここでも幅広い知識が必要です。今回は2級建築施工管理技士の構造設計に関する過去問の傾向、解き方と考え方について説明します。2級建築施工管理技士の構造全般、構造力学の問題については下記が参考になります。

2級建築施工管理技士の構造の問題は?1分でわかる過去問の内容、解き方

2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴

2級建築施工管理技士の構造設計に関する問題は?

2級建築施工管理技士の学科試験では、構造設計に関する問題が1問程度出題されます。過去問の傾向として


・荷重、外力

・構造計算、構造計画

・構造材料


などの基本が出題されます。毎年1問程度ですが、幅広い知識を必要とします。当サイトでは、構造設計に関する記事を多数収録しております。下記ページを参考にしてください。

構造計算の基礎

2級建築施工管理技士の構造設計に関する過去問の傾向、解き方と考え方

2級建築施工管理技士の構造設計に関する過去問を下記に示します。1問目です。


2級建築施工管理技士の構造設計1


1は正しい記述です。クリープ、ひずみの意味を下記に示します。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力との関係


2は不適当な記述です。2は塑性の説明です。塑性と弾性の詳細は、下記が参考になります。

弾性と塑性の性質について


3は正しい記述です。垂直応力度、ヤング係数の詳細は下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

垂直応力とは?1分でわかる意味、公式、計算、単位、垂直応力度との違い


4は正しい記述です。圧縮力、座屈の詳細は下記が参考になります。

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

圧縮力とは?1分でわかる意味、単位、破壊、筋交いとの関係


2問目です。


2級建築施工管理技士の構造設計2


1は正しい記述です。地震力の算定方法は下記が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味


2は正しい記述です。積載荷重の値は下記が参考になります。

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算


3は不適当な記述です。多雪区域の地震力は積雪荷重の約1/3(0.35倍)を加えます。積雪荷重の詳細は下記が参考になります。

積雪荷重とは?1分で分かる計算方法と地域による違い


4は正しい記述です。速度圧、風荷重の詳細は下記が参考になります。

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

風荷重について

まとめ

今回は2級建築施工管理技士の構造設計について説明しました。過去問の傾向などから、幅広い知識が必要になると理解頂けたと思います。過去問を重点的に勉強するのはもちろんですが、建築の構造に関する沢山の用語を理解するため用語集の活用も効果的と考えます。

【知らないままで大丈夫?】収録用語800以上!詳細はコチラから

2級建築士計算問題解説集

▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造設計に関する問題は?過去問の傾向、解き方と考え方