1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴
スポンサーリンク

2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴

2級建築施工管理技士では「構造力学」に関する問題が2問程度出題されます。1つは曲げモーメントやせん断力の計算問題、もう1つは正しい曲げモーメント図を選択する問題です。今回は2級建築施工管理技士の構造力学の問題について、過去問の傾向や特徴について解説します。モーメント、曲げモーメント図の各問題は下記が参考になります。

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士の曲げモーメント図に関する問題は?過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?

2級建築施工管理技士の学科試験では、構造力学に関する問題が2問出題されます。過去問の傾向では、


・梁の曲げモーメント、せん断力を計算する問題

・ラーメン構造、梁の曲げモーメント図を選ぶ問題


です。詳しい傾向は後述しますが、高専や大学で勉強する「構造力学の基本」は理解すべきでしょう。特に、


・梁の曲げモーメントの計算

・曲げモーメント図の描き方


は必ず覚えましょう。詳細は下記が参考になります。

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士の曲げモーメント図に関する問題は?過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士の構造力学の問題と過去問の傾向、特徴

2級建築施工管理技士の構造力学では、「曲げモーメント、せん断力の計算」「正しい曲げモーメント図を選ぶ」問題が出題されます。例えば下図のように、せん断力やモーメントの正しい値を計算する力が求められます。


2級建築施工管理技士の構造力学1


梁の曲げモーメントは下記が参考になります。

曲げモーメントの公式は?1分でわかる公式、導出、両端固定、単純梁、片持ち梁


過去問の詳細は下記が参考になります。

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算


また下図のように、正しい曲げモーメント図を選ぶ問題が出題されます。


2級建築施工管理技士の構造力学2


曲げモーメントの値の計算は不要ですが、書き方を理解しましょう。曲げモーメント図の描き方は下記が参考になります。

曲げモーメント図とは?1分でわかる意味、書き方、正負と引張側

ラーメン構造の曲げモーメント図は?3分でわかる書き方、曲げモーメントの求め方


過去問の詳細は下記が参考になります。

2級建築施工管理技士の曲げモーメント図に関する問題は?過去問の解き方と計算

まとめ

今回は2級建築施工管理技士の構造力学について説明しました。過去問の傾向や特徴が理解頂けたと思います。問題の難易度は、高専や大学で習う構造力学の基本程度です。学生の頃、構造力学が苦手だった方は、是非、構造力学の学び直しを始めましょう。実際の過去問を勉強したい方は下記も参考にしてくださいね。

2級建築施工管理技士の構造問題とモーメントの関係は?3分でわかる過去問の解き方と計算

2級建築施工管理技士の曲げモーメント図に関する問題は?過去問の解き方と計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 2級建築施工管理技士の構造力学の問題は?過去問の傾向、特徴