1. HOME > > 建築の重要事項の説明とは?1分でわかる意味、ポイント、建築士法との関係
スポンサーリンク

建築の重要事項の説明とは?1分でわかる意味、ポイント、建築士法との関係

建築士に設計を依頼して契約を行うとき、重要事項の説明を受けます。これは、建築士法に義務付けられているためです。重要事項の説明では、免許の提示が必要です。今回は、重要事項の説明の意味、ポイント、建築士法との関係について説明します。


※建築士法の意味は、下記の記事が参考になります。

建築士法とは?1分でわかる意味、内容、重要事項説明、工事監理

建築の重要事項の説明とは?

建築士に設計または監理依頼し、契約を結ぶとき、建築士から重要事項の説明を受けます。これは建築士法第24条の7第1項の規定です。重要事項の説明では、一定の事項(後述しました)を記載した書面の交付を行い説明されます。


なお、重要事項の説明は、建築主が専門知識を持った者でも省略できません。必ず説明を行います。


また、重要事項の説明は管理建築士などが行いますが、依頼先の建築士事務所の建築士であれば、管理建築士でなくてもOKです。※管理建築士の意味は、下記の記事が参考になります。

管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い


重要事項の説明は、建築士により行いますが、建築士は建築士免許を提示して、「自分が建築士であること」を証明する必要があります。

重要事項の説明のポイント

重要事項の説明のポイントを下記に示します。

・基本事項

・作成する図書の種類

・工事と設計図書との照合の方法

・工事監理の実施の状況に関する報告の方法

・建築士事務所の名称、所在地

・建築士事務所の開設者の氏名

・委託する設計、工事監理の概要


基本事項では、建築士事務所の名称、所在地、開設者(一般的に社長)、建築物の内容、報酬額、支払時期、契約解除の項目などが明記されます。


要するに、「設計を依頼し、契約するときの契約書」だと考えてください。

建築士法と建築の重要事項の説明の関係

重要事項の説明は、建築士法第24条の7第1項に明記されています。関連して、管理建築士の意味も覚えてくださいね。※管理建築士は、下記の記事が参考になります。

管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い

まとめ

今回は、建築の「重要事項の説明」について紹介しました。意味が理解頂けたと思います。建築士は、発注者と契約を締結するとき、必ず重要事項の説明を行います。発注者が専門知識を持っていても、省略できません。重要事項の説明の内容(ポイント)を是非覚えてくださいね。管理建築士、発注者の意味など併せて覚えてください。

管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い

現場代理人とは?1分でわかる意味、現場監督、現場所長との違い、主任

物理が苦手でも建築士になれる?物理分野の範囲、数学の必要性


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築の重要事項の説明とは?1分でわかる意味、ポイント、建築士法との関係