1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 容積率とは?1分でわかる意味、計算方法、建ぺい率との違い、限度

容積率とは?1分でわかる意味、計算方法、建ぺい率との違い、限度

容積率とは、延べ面積を敷地面積で割った値です。容積率は、建築基準法52条などで、その限度が規定されます。容積率は、容積率の限度以下にします。今回は容積率の意味、計算方法、建ぺい率との違い、容積率の限度について説明します。


※延べ面積、敷地面積、建ぺい率の意味は、下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

敷地とは?1分でわかる意味、建築基準法の定義、敷地面積

建ぺい率とは?1分でわかる意味、計算、用途地域、調べ方、バルコニー

容積率とは?

容積率とは、延べ面積を敷地面積で割った値です。※単位を%とする場合、100を掛けます。


容積率は、高さ方向に、どれだけ床をつくれるのか示す値、と考えてください。建ぺい率は、平面的に、床をどれだけつくれるのか示す値です。


容積率と建ぺい率は、それぞれ限度があります。例えば、建ぺい率が小さい地域でも、容積率が大きければ、階数を大きくして床面積を増やすことが可能です。


例えば、建ぺい率が80%で、容積率が200%の地域を考えます。建築面積の限度は、敷地面積に80%をかけた値です。一方、容積率は200%なので、延べ面積は敷地面積の2倍の大きさにできます。2階建てが可能ということですね。

容積率の計算方法

容積率は、下式で計算します。


容積率=延べ面積÷敷地面積(単位を%とする場合、100を掛ける)


延べ面積の意味は、下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

容積率と建ぺい率との違い

容積率と建ぺい率の違いを下記に整理しました。


容積率 ⇒ 延べ面積を敷地面積で割った値

建ぺい率 ⇒ 建築面積を敷地面積で割った値


なお、延べ面積は、建築物の各階の床面積の合計です。建築面積は、建築物の外壁などの中心で囲まれた部分の水平投影面積です。


詳細は下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

建築面積とは?1分でわかる意味、延床面積との違い、建ぺい率、テラス

容積率の限度

これから建築物を計画する地域の、容積率の限度は下記の手順で調べます。


@ 指定容積率の確認

A 前面道路の幅員による容積率の確認


指定容積率とは、用途地域ごとに定められた容積率の限度です。法52条1項に規定があります。都道府県で、各地域がどの用途地域に属するか整理されています。そちらを確認しましょう。


前面道路の幅員による容積率は、前面道路の幅員が12未満の場合で、前面道路の幅員に4/10または6/10を掛けた値です。


容積率の限度は、上記の@とAを計算し、小さい方の値を採用します。一級建築士の学科試験でもよく出題されます。

まとめ

今回は容積率について説明しました。意味が理解頂けたと思います。容積率は、延べ面積を敷地面積で除した値です。建ぺい率との違いを理解してくださいね。また、延べ面積と建築面積、敷地面積の意味も併せて覚えましょう。下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

建築面積とは?1分でわかる意味、延床面積との違い、建ぺい率、テラス

敷地とは?1分でわかる意味、建築基準法の定義、敷地面積


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 容積率とは?1分でわかる意味、計算方法、建ぺい率との違い、限度