1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砕石の比重は?1分でわかる比重、砂利、砂の比重
スポンサーリンク

砕石の比重は?1分でわかる比重、砂利、砂の比重

砕石は基礎の下に敷いて、地盤の安定化のため使います。また道路舗装用として使います。今回は、砕石の比重と、砂利、砂の比重を紹介します。なお、基礎下に砕石を敷く目的、砕石の価格は下記の記事が参考になります。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格


また、単位体積重量と比重の意味は下記が参考になります。細かいですが、単位体積重量と比重は意味が違います。但し、値は同じです。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

砕石の比重は?

砕石の比重を下記に整理しました。


乾燥状態の砕石 ⇒ 1.5(t/m3)

飽和状態の砕石 ⇒ 1.9(t/m3)


砕石は水分を吸収します。飽和状態(砕石が水分で満たされた状態)では、乾燥状態より大きな比重です。※比重と単位体積重量の意味は、下記が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

骨材、砕石、砂利、砂の比重

砕石の他に、骨材、砂利、砂などの比重を、下記に整理しました。


人工軽量コンクリート骨材の細骨材 ⇒ 0.9〜1.2(t/m3)

人工軽量コンクリート骨材の粗骨材 ⇒ 0.7〜0.8(t/m3)


乾燥した砂 ⇒ 1.7(t/m3)

飽和した砂 ⇒ 2.0(t/m3)


乾燥した砂利 ⇒ 1.7(t/m3)

飽和した砂利 ⇒ 2.1(t/m3)


乾燥した砕石 ⇒ 1.5(t/m3)

飽和した砕石 ⇒ 1.9(t/m3)


乾燥した砂混り砂利 ⇒ 2.0(t/m3)

飽和した砂混り砂利 ⇒ 2.3(t/m3)


乾燥したパーライト ⇒ 0.02〜0.5(t/m3)

飽和したパーライト ⇒ 0.3(t/m3)


また、水の比重は1.0です。水を基準に、どの程度「重い」「軽い」を考えてくださいね。水の比重、単位体積重量の考え方は、下記が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

水の質量は?1分でわかる意味、求め方、体積から質量の換算法


また、コンクリート、モルタル、耐火被覆やロックウールなど色々な材料の比重の値を、頭に入れておくといいですね。下記の記事が参考になります。

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

土の比重とフーチングの比重

まとめ

今回は砕石の比重について説明しました。砕石の比重や、砂利、砂の比重が理解頂けたと思います。鉄筋コンクリートやモルタル、鋼の比重と比べていかがですか。案外軽いと思われたでしょうか。水の比重は1.0です。


一方、乾燥状態の砕石で比重は1.5なので、水の比重が随分重く感じるはずです。砕石の比重だけでなく、他の建築材料の比重を勉強すると、「軽い」「重い」の判断ができますね。鉄筋、コンクリートの比重など、下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砕石の比重は?1分でわかる比重、砂利、砂の比重