1. HOME > 鋼構造の基礎 > 孔径とは?1分でわかる意味、読み方、単位、記号、ボルトとの関係、建築との関係
スポンサーリンク

孔径とは?1分でわかる意味、読み方、単位、記号、ボルトとの関係、建築との関係

建築で使う孔径は、部材に孔(穴)を開けた時の直径を意味します。建築では穴ではなく、孔と書きます。今回は孔径の意味、読み方、単位、記号、ボルトとの関係、建築との関係について説明します。


高力ボルトやボルトの意味は、下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

孔径とは?

建築で使う孔径は、部材に孔(あな)を開けたときの直径です。建築では「穴」ではなく、「孔」と書きます。孔の意味は、一般用語の「穴」と同じです。下図を見てください。材料に孔を開けました。ボルトを差し込むためです。この孔の直径が孔径ですね。

孔径

孔径とボルトの関係、直径の意味は下記が参考になります。

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

孔径、ボルト孔の読み方

孔径は、「こうけい」と読みます。「あなけい」と読んでも間違いでは無いです。ボルト孔は、「ぼるとあな」と読みます。

孔径の単位

孔径の単位は、mmが一般的です。建築で使う孔径は、ボルトを差し込む孔(あな)の直径です。比較的小さい穴なので、mm単位で表して問題ないです。数字のケタが多くなる場合、cmを使っても良いでしょう。

孔径の記号

孔径は直径を意味するので、記号は「d」を使います。直径の記号は、下記の記事が参考になります。

直径の記号は?1分でわかる意味、読み方、d、φの使い方、半径の記号

孔径とボルトの関係

孔径は、主にボルトを差し込む孔の直径です。孔径は、高力ボルト、中ボルト、アンカーボルトなどの種類で違います。下記に整理しました。


高力ボルト 孔径=軸径+2mm以下

中ボルト 孔径=軸径+1mm以下

アンカーボルト 孔径=軸径+5mm以下


高力ボルトは摩擦接合が基本です。摩擦面がきっちり接合されていれば、ボルト軸径より孔径が大きくても問題ないです。摩擦接合は下記が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い


中ボルトは支圧接合により力を伝達します。支圧接合は、ボルト軸が孔径に引っかかることで力を伝えます。よって孔径は、軸径に比べて必要以上に大きくできません。確かに、中ボルトの孔径の方が、高力ボルトより狭いですね。

まとめ

今回は孔径について説明しました。意味が理解頂けたと思います。孔径は、部材に開けた孔の直径です。建築では、ボルトを通すための孔の直径が孔径です。孔径とボルト軸径の関係を覚えましょう。ボルトの種類で、孔径と軸径の関係が違う点も注意してくださいね。下記も併せて参考にしてください。

呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 孔径とは?1分でわかる意味、読み方、単位、記号、ボルトとの関係、建築との関係