1. HOME > 鋼構造の基礎 > 軸径とは?1分でわかる意味、読み方、孔径、規格、中ボルトとアンカーボルト

軸径とは?1分でわかる意味、読み方、孔径、規格、中ボルトとアンカーボルト

軸径とはボルト軸の径のことです。高力ボルトは、呼び径に対して軸径も同じ値です。なお、アンカーボルト(ABR)は呼び径と軸径が変わります。今回は軸径の意味、読み方、孔径との違い、軸径の規格について説明します。※呼び径、高力ボルト、中ボルト、アンカーボルトの意味は、下記の記事が参考になります。

呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト

軸径とは?

軸径とは、ボルト軸の径のことです。下図をみてください。ボルトの絵を描きました。この部分が「軸径」です。

軸径

高力ボルト、中ボルトは、軸径と呼び径は同じ値です。呼び径とは、ボルトや管の外形または内径を表す言い方です。※呼び径の意味は下記の記事が参考になります。

呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係


軸径が16mmのボルトの場合、呼び径はM16です。※高力ボルト、中ボルトは下記の記事が参考になります。

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト


ただし、ABR材というアンカーボルトの呼び径は、軸径の値と違います。例えばM16の軸径は14.54mmです。M16の「16」は、ねじ部の径を意味します。※アンカーボルトの規格と特徴は下記の記事が参考になります。

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

軸径の読み方

軸径は、「じくけい」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


呼び径 よびけい

孔径 あなけい

ボルト軸断面積 ぼるとじくだんめんせき

軸径と孔径の違い

軸径と孔径の違いを下記に示します。


軸径 ⇒ ボルトの軸部の径

孔径 ⇒ ボルト軸が通る孔の径


下図をみてください。ボルト軸径に対して孔径が大きくないと、ボルトが通りません。

軸径

また、軸径と孔径の関係は、高力ボルト、中ボルト、アンカーボルトで違います。下記に整理しました。


高力ボルト 孔径=軸径+2mm以下

中ボルト 孔径=軸径+1mm以下

アンカーボルト 孔径=軸径+5mm以下


中ボルトの孔径は、軸径+1mm以下とします。これは、中ボルトが支圧接合のためです。※支圧接合の意味は、下記の記事が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い

軸径の規格

高力ボルトの、軸径の規格は下記です。

ボルトの軸径

※下記の記事も参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト


アンカーボルトの軸径の規格は下記です。

まとめ

今回は軸径について説明しました。意味が理解頂けたと思います。軸径は、ボルトなどの軸部の径です。高力ボルト、中ボルトでは呼び径と軸径の大きさは同じです。アンカーボルトは、呼び径と軸径が違うこともあるので注意してくださいね。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 軸径とは?1分でわかる意味、読み方、孔径、規格、中ボルトとアンカーボルト