1. HOME > 鋼構造の基礎 > 肌すきとは?1分でわかる意味、高力ボルト、フィラープレート

肌すきとは?1分でわかる意味、高力ボルト、フィラープレート

肌すきとは、主に高力ボルト継手における板厚の差で生じる隙間です。肌すきが1mmを超える場合、肌すきを埋めるプレートが必要です。今回は、肌すきの意味、高力ボルト、フィラープレートとの関係について説明します。※高力ボルト接合については下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

肌すきとは?

肌すきは、高力ボルト継手における板厚の差で生じる隙間です。下図を見てください。

肌すき

高力ボルト接合は、高力ボルトで板同士を締め付けることによる摩擦抵抗力で、力を伝達する方法です。よって、締め付けた板同士は下図のように接触する必要があります。

摩擦接合 接触

もし肌すきが大きいと、板同士が接触しないので、力を伝達することができません。


よって、肌すきが大きな場合、プレートを挿入します。このプレートをフィラープレートといいます。※フィラープレートについては後述しました。

肌すきと高力ボルトの関係

高力ボルト接合は、締め付け力による摩擦抵抗力で力を伝達する方法です。前述したように、肌すきがあると高力ボルト接合が成立しないのです。


ただし、肌すきが小さい場合は、締め付けによって「肌すき」が無くなるのでフィラープレートは必要ありません。

肌すきとフィラープレートの関係

肌すきは、その大きさによりフィラープレートの挿入が必要です。下記の値によります。


また、肌すきの厚みを調べる場合は、所定の厚みのプレートを差し込んで確認します(例えば、1mmのプレートを肌すきに挿入できれば、その肌すきは1mm以上の厚みがある)。


フィラープレートは摩擦力を伝達するため、両面に摩擦処理します。※摩擦処理の方法は下記の記事が参考になります。

摩擦面処理の種類


また母材の材質に関わらず、フィラープレートの材質は、400N/mu級でよいです。

まとめ

今回は肌すきについて説明しました。肌すきの意味が理解頂けたと思います。肌すきを見つけた場合、所定の厚みを超えているか確認してください。もし肌すきが大きい場合、フィラープレートが必要です。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 肌すきとは?1分でわかる意味、高力ボルト、フィラープレート