1. HOME > 鋼構造の基礎 > ブラスト処理とは?1分でわかる意味、表面粗さ、目的、種類と方法

ブラスト処理とは?1分でわかる意味、表面粗さ、目的、種類と方法

ブラスト処理とは、細かい玉や鋭角を持つ玉を噴射して摩擦面をつくる処理方法です。鋼材の表面は滑らかなので、摩擦抵抗力を得るためには、表面を凸凹(でこぼこ)させます。今回は、ブラスト処理の意味、表面粗さ、目的、種類と規格について説明します。


高力ボルトの摩擦接合は、下記の記事が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い


摩擦面処理の方法は、ブラスト処理以外にも「自然錆」「薬品」などがあります。下記の記事が参考になります。

摩擦面処理の種類

ブラスト処理とは?

ブラスト処理とは、細かい玉や鋭角をもつ玉を噴射して、鋼材に凹凸面をつくる処理方法です。


英語でblast(ブラスト)は突風、送風、吹くなどを意味します。ブラスト処理は、「噴射する」ことがポイントです。噴射する物は細かい玉や、鋭角の玉など、色々あります。噴射する物が変われば、摩擦係数も異なります。


ブラスト処理以外にも摩擦面処理の方法として、自然錆、薬品があります。下記の記事が参考になります。

摩擦面処理の種類

ブラスト処理の目的

ブラスト処理の目的は、摩擦面をつくることです。摩擦面とは、凹凸のある表面です。高力ボルト接合は、摩擦接合が基本です。※摩擦接合は、下記の記事が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い


鋼材の表面が滑らかだと、摩擦抵抗力が生じません。よって、表面に凹凸をつくります。その処理方法の1つが、ブラスト処理です。前述したように、摩擦面の処理方法は、ブラスト処理以外にもあります。

ブラスト処理の表面粗さ

ブラスト処理の表面粗さは、

とします。Rzとは、粗さの単位です。ブラスト面は凸凹しています。凹凸の最低面から最高面までの高さを表します。

ブラスト処理の種類と方法

ブラスト処理の種類には、下記があります。


・ショットブラスト

・グリットブラスト


ショットブラストとは、鋼材の表面に細かい玉を噴射して加工することです。元の鋼材は滑らかですが、これを凸凹にします。細かい玉を使う場合、「ショットブラスト」といいます。


グリットブラストは、細かい玉ではなく「尖った面をもつもの」を噴射して凸凹面をつくります。ショットブラストに比べて凸凹面が細かくつくれること、摩擦係数が高い傾向にあります。


下図に、ショットブラストとグリットブラストで使う研削材を示します。

ショットブラストとグリットブラストの違い


ブラストの種類と作業条件を下記に示します。

ショットブラスト

粒度 S40〜S100

空気圧力 0.5〜0.7MPa

吹付距離 300〜500mm

吹付角度 90±30°

グリットブラスト

粒度 G40〜G100

空気圧力 0.5〜0.7MPa

吹付距離 300〜500mm

吹付角度 90±30°

まとめ

今回はブラスト処理について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ブラスト処理は、細かい玉や鋭角を持つ玉を噴射して、凹凸面をつくる方法です。ブラスト処理の意味、種類を覚えてください。また、ブラスト処理の目的も覚えましょう。摩擦接合など、下記の記事が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い

摩擦面処理の種類


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ブラスト処理とは?1分でわかる意味、表面粗さ、目的、種類と方法