1. HOME > 鋼構造の基礎 > 被接合材とは?1分でわかる意味、読み方、接合材との違い、機械的接合、治金的接合との関係
スポンサーリンク

被接合材とは?1分でわかる意味、読み方、接合材との違い、機械的接合、治金的接合との関係

被接合材とは、接合される部材のことです。鋼板同士を高力ボルトで接合するとき、鋼板が被接合材です。今回は被接合材の意味、読み方、接合材との違い、機械的接合、治金的接合との関係について説明します。接合材として、高力ボルトや溶接があります。詳細は、下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

被接合材とは?

被接合材とは、接合される部材です。下図をみてください。鋼板同士を高力ボルトで一体化するときの、鋼板が被接合材です。高力ボルトを「接合材」といいます。

被接合材と接合材

鉄骨造では、接合される部材を「母材」ともいいます。母材の意味は、下記が参考になります。

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語


鋼構造の接合材には、下記の種類があります。


高力ボルト

普通ボルト

リベット

溶接(隅肉溶接、完全溶け込み溶接など)


高力ボルトは、建築物の接合材として最も一般的です。鉄骨造では、構造部材を接合するとき、ほぼ高力ボルトを使います。高力ボルトの意味は、下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴


普通ボルトは、高力ボルトより小径で、化粧材や外装材を留める接合材です。また、胴縁や母屋など軽量形鋼を留めるとき使います。普通ボルトの詳細は、下記が参考になります。

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト


リベットは、現在使われない接合材です。リベットの詳細は、下記が参考になります。

リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途


溶接の種類、強度は下記が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

被接合材の読み方

被接合材は「ひせつごうざい」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


接合材 ⇒ せつごうざい

機械的接合 ⇒ きかいてきせつごう

治金的接合 ⇒ ちきんてきせつごう

被接合材と接合材の違い

被接合材と接合材の違いを下記に示します。


被接合材 ⇒ 接合される部材。高力ボルトや溶接により一体化される鋼板、形鋼など。

接合材 ⇒ 接合する部材。高力ボルトや溶接など

被接合材と機械的接合、治金的接合の関係

被接合材は機械的接合、治金的接合により一体化されます。機械的接合では、被接合材に孔を空け高力ボルトなどで締め付けます。治金的接合では、溶接により被接合材を一体化します。

まとめ

今回は被接合材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。被接合材と接合材の意味は混同しやすいです。実際の接合部をイメージし、どの部材が被接合材か理解しましょう。高力ボルトや溶接が接合材と覚えておけば簡単ですね。下記の記事も併せて勉強しましょう。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 被接合材とは?1分でわかる意味、読み方、接合材との違い、機械的接合、治金的接合との関係