1. HOME > 鋼構造の基礎 > リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途

リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途

リベットとは、鋼構造に用いる接合部材の1つです。リベットは形状が単純ですが、施工の技術を必要とするため、使われない材料です。現在は、リベットに変わり高力ボルトを使います。今回は、リベットの意味、仕組み、強度、利点、用途について説明します。※高力ボルト、中ボルトの意味、特徴は下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト

リベットとは?

リベットとは、鋼構造に用いる接合部材の1つです。下図をみてください。これがリベットです。

リベット

リベットは、形状が単純で釘(くぎ)と似た形ですね。形は単純ですが、施工に技術が必要です。リベットは、まず1100℃程度の高温に熱します(高温で熱するので、リベットが赤いです)。熱したリベットを、被接合材の孔に通し、ハンマーで叩いて孔に入れます。その後、反対側からリベット軸の端を丸形に成形します。


リベットは、ハンマーで叩くときの騒音、熱したリベットを高所で扱う技術など、難しい点がありました。そのため、現在は使わない接合部材です。リベットの代わりに使う材料が、高力ボルトです。


高力ボルトの意味、特徴は下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

リベットの仕組み

リベットは、釘と似た形状です。打ち付けて施工が終了する釘と違い、リベットは「かしめ」という作業が必要です。下図を見てください。熱したリベットをハンマーで孔に通します。


これだけでは、リベットが孔から抜ける可能性がありますね。そこで、反対側から丸頭を成形します。これが「かしめ」です。常温の鋼を成形するのは大変です。よって、熱したリベットを使います。

リベットの強度

リベットには、主に2つの強度区分があります。


SV330

SV400


です。F値、引張強さを下記に示します。


SV330 ⇒ F=235、引張強さ=330

SV400 ⇒ F=235、引張強さ=400


許容せん断耐力、許容引張耐力の計算は、高力ボルトと同じです。求め方は下記の記事が参考になります。

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

リベットの用途

リベットは、現在の建物には使いません。ただし、昔の建物ではリベットを接合材に用いています。耐震改修、耐震診断など、既存の建物を評価するさい、リベットの知識が必要です。

まとめ

今回はリベットについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。リベットは、釘に似た単純な形状の接合部材です。その代わり、施工技術を必要とします。現在は、高力ボルトに置き換わって使われません。リベットと似た接合材として、高力ボルト、スタッド、中ボルトの意味、特徴や意味を覚えましょう。下記の記事が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト

スタッドとは何か?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途