建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 基礎ボルトとは?1分でわかる意味、種類と規格、形状、アンカーボルトとの違い

基礎ボルトとは?1分でわかる意味、種類と規格、形状、アンカーボルトとの違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


基礎ボルト(きそぼると)とは「基礎と部材を接合するボルト」です。鉄骨造や木造に用います。木造の場合、土台と基礎を接合するために基礎ボルトを使います。鉄骨造では、基礎(基礎柱)とベースプレート(および鉄骨柱)を接合するために用います。建築の実務では「アンカーボルト」と言うことが多いです。木造に用いる基礎ボルトはJISA5531に規定されます。今回は基礎ボルトの意味、種類と規格、形状、アンカーボルトとの違いについて説明します。アンカーボルトの意味、規格は下記が参考になります。

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

柱脚の種類

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

基礎ボルトとは?規格

基礎ボルトとは、基礎と部材を接合するボルトです。建築の実務では、一般的に「アンカーボルト」といいます。鉄骨造や木造で使います(基礎と上部構造で材料が異なるため)。下図をみてください。一般的な木造住宅では、土台と基礎を接合する目的で基礎ボルトを配置します。


基礎ボルトと木造


基礎ボルトと木造


土台の詳細は下記をご覧ください。

土台とは?1分でわかる意味、基礎との違い、木造建築との関係


鉄骨造では、基礎(基礎柱)とベースプレート(および鉄骨柱)を一体化する目的で基礎ボルトを打ちます。


基礎ボルトと鉄骨造


また鉄骨柱と基礎柱の接合部分を「柱脚(ちゅうきゃく)」といいます。アンカーボルト、柱脚の詳細は下記が参考になります。

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

柱脚の種類


アンカーボルトの規格にABR400、ABM400などがあります。下表にABR400の径や断面積を示します。

ボルトの引張強さ ねじの呼び径 基準軸径(mm) 軸部断面積(m㎡) ねじ部有効断面積(m㎡) 短期許容引張耐力(kN) 短期許容せん断耐力(kN)
400N/m㎡ M16 14.54 166 157 36.9 21.3
M20 18.20 260 245 57.6 33.2
M22 20.20 320 303 71.2 41.1
M24 21.85 375 353 83.0 47.9
M27 24.85 485 459 108 62.4
M30 27.51 594 561 132 76.2
M33 30.51 731 694 163 94.1
M36 33.17 864 817 192 111
M39 36.17 1030 976 229 132
M42 38.83 1180 1120 263 152
M45 41.83 1370 1310 282 163
M48 44.48 1550 1470 316 182

詳細は下記が参考になります。

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係

abm400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、abr400との違い

基礎ボルトの形状、種類

基礎ボルトの先端形状(フックの形状)の種類には下図のようなJ形、L形、JA形などがあります。J形やL形を使うことが多いです。


基礎ボルトの形状


また、フックを設けない代わりに定着版を付けることも多いです。定着版をつけることでフックと同等の定着効果が得られます。フックの形状、定着版の詳細は下記が参考になります。

鉄筋のフックってなに?鉄筋のフックの種類と、折り曲げ直径

定着版とは?1分でわかる意味、サイズ、役割、アンカーボルトとの関係

基礎ボルトとアンカーボルトの違い

基礎ボルトとアンカーボルトは同じものです。基礎と部材を接合するボルトですね。アンカーボルトの詳細は下記が参考になります。

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

まとめ

今回は基礎ボルトについて説明しました。基礎ボルトは、基礎と部材を接合するボルトのことです。建築の実務では「アンカーボルト」と言うことが多いです。主に木造、鉄骨造で使います。基礎ボルトのフックの形状、規格も勉強しましょう。下記が参考になります。

鉄筋のフックってなに?鉄筋のフックの種類と、折り曲げ直径

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 基礎ボルトとは?1分でわかる意味、種類と規格、形状、アンカーボルトとの違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事