建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 土台とは?1分でわかる意味、基礎との違い、木造建築との関係

土台とは?1分でわかる意味、基礎との違い、木造建築との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


土台は木造建築に用いられる構造部材の1つです。筋交いなどが負担する水平力を適切に基礎まで伝達する役割があります。今回は、土台の意味、役割、基礎との違い、建築基準法の規定について説明します。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

土台とは?

土台は下図に示す部材です。布基礎又はベタ基礎の「RC壁部分」に矩形の木部材をながします。これが「土台」です(下図は建築物の構造関係技術基準解説書より引用しました)。

布基礎に緊結


ベタ基礎に緊結

上図をみてわかるように、RC壁と土台はアンカーボルトにより緊結します。これで土台は動きません。


土台がなければ、木柱を直接RCに留める必要があります。鉄骨造なら、ベースプレートを介して鉄骨とRCを接合することが可能です。ただ木造ではそれが難しいため、「土台」が必要です。※木柱と基礎を緊結する方法もありますが、一般的ではありません。


また、筋交いなどの耐力壁が負担する水平力は、土台を介することで、基礎まで伝達可能です。

土台と基礎の違い

「土台」と聞くと、一般の方は「基礎」と混同するかもしれません。但し、土台と基礎は全く違う構造部材です。下記に違いを整理しました。


※基礎については下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

土台と木造建築の関係

実は、「土台」という部材は木造建築でのみ使用されます。鉄骨造は、柱をRC部材に直接留めることが可能です。※ただし、柱脚を造る必要があります。柱脚については下記の記事が参考になります。

柱脚の種類


RC造は、そもそも基礎から屋根まで同じRC部材なので、元から一体化されています。

土台に関する建築基準法

土台に関する条文は、令42条に規定されます。下記に概要を明記しました。

令42条では「ただし書き」があり、上記を除外できるケースもあります。ただ、土台を除外するのは例外的なので、今回は省略しました。

まとめ

今回は木造建築の土台について説明しました。土台の意味、基礎との違いが理解頂けたと思います。木造建築に土台は必要不可欠です。土台の考え方、目的は覚えておきましょう。併せて下記の記事も参考にしてください。

建築基準法にみる「木造の構造方法」のTIPS

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 土台とは?1分でわかる意味、基礎との違い、木造建築との関係
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事