1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨のデメリットとは?1分でわかる軽量鉄骨のデメリット、重量鉄骨、地震との関係
スポンサーリンク

鉄骨のデメリットとは?1分でわかる軽量鉄骨のデメリット、重量鉄骨、地震との関係

鉄骨のデメリットは、火に弱いことです。また地震時で揺れやすいデメリットもあります。今回は鉄骨のデメリット(重量鉄骨、軽量鉄骨)、地震との関係について説明します。なお、鉄骨は火熱に弱いため、耐火被覆を施します。耐火被覆、軽量鉄骨と重量鉄骨の意味は、下記が参考になります。

耐火被覆の目的と、材料と工法

鉄骨と鉄筋の違いは?1分でわかる意味、重量鉄骨と軽量鉄骨

鉄骨のデメリットとは?

鉄骨のデメリットを下記に示します。


・火熱(火による熱)に弱い

・地震などで揺れやすい


鉄骨は火災に弱いです。鉄骨部材の耐力が大幅に減少します。そのため、耐火構造とすべき建物では、鉄骨部材を耐火被覆でつつみます。耐火被覆の意味は、下記が参考になります。

耐火被覆の目的と、材料と工法


鉄骨部材の耐火対策として、耐火被覆の他に、耐火性能のある鋼(fr鋼)があります。fr鋼の詳細は、下記が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係


また鉄骨部材は地震で揺れやすいです。鉄骨部材は、下図に示す鋼管や薄板で構成した部材を使うことが多いです。鉄筋コンクリートの部材に比べて「剛性」が低く、揺れやすい特徴があります(鉄骨造でも、ブレース構造は比較的揺れにくい構造です)。

鉄骨部材と揺れやすさ

「揺れやすい」=「耐震性が無い」とは、一概にはいえません。「揺れやすい」性質が、逆に、地震の力を受け流す(専門的にいうと難しいので省略します)、吸収することにつながるからです。


ただし、地震時に揺れやすい建物の中にいて、気分が良いものでは無いです。大変な恐怖感を感じることもあるでしょう。


一方、マンションの構造材料に多く採用される鉄筋コンクリート造は、剛性が高く揺れにくいです。防音、耐振動性に優れており居住性の高い構造です。鉄筋コンクリート造は耐火性もあります。

軽量鉄骨のデメリットとは?

鉄骨は、軽量鉄骨と重量鉄骨に分けられます。詳細は、下記が参考になります。

鉄骨と鉄筋の違いは?1分でわかる意味、重量鉄骨と軽量鉄骨


軽量鉄骨のデメリットを下記に示します。


・重量鉄骨に比べて耐震性が劣る(木構造と同程度)

・火に弱い

・揺れやすい


軽量鉄骨造とは、軽量形鋼という厚みが薄い板(3.2mm以下)を用いた構造です。軽量な点は良いですが、その分、断面性能も落ちます。耐力、剛性共に重量鉄骨を大幅に下回ります。そのため、事務所ビルや公共建築物で軽量鉄骨を用いることは、ほとんど無いです。主に住宅やアパートで使う鋼材です。当然、火に弱いです。

重量鉄骨のデメリット

重量鉄骨のデメリットを下記に示します。


・火に弱い

・揺れやすい


上記は、前述した通りです。軽量鉄骨に比べて、耐震性は改善されています。ただし、住宅や2階建てアパートで重量鉄骨造が使用されることは滅多にないでしょう。


なお、中層マンションでは重量鉄骨を使います。断面性能が低いので、耐震性を確保できないからです。

まとめ

今回は鉄骨のデメリットについて説明しました。理解頂けたと思います。一番の問題は、「火」です。火熱により、鉄骨の耐力は大幅に低下します。耐力が低下すると、重さを支えられず崩壊する恐れがあります。よって、耐火構造とすべき建物は、耐火被覆が必要です。下記の記事も併せて勉強しましょうね。

耐火被覆の目的と、材料と工法

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨のデメリットとは?1分でわかる軽量鉄骨のデメリット、重量鉄骨、地震との関係